就活 年間2000人の学生と会って気が付いたこと

現役人事責任者が、本音をゲロってしまうブログです。(人事担当の方は笑って読んでください)学生さんは、企業の採用責任者の本音を探って最高の就活をしてほしいと思っています

【面接】 なんか質問ありますか?ってそれなんかの罠ですか!?

就活生の皆さんは、この質問困りますか?

 

現役人事責任者からすると「相手のことを思って聞いている」つもりですが、学生さんからすると一番困るんですよね?

 

先日Sidekickメンバーと話す機会がありましたが、皆この話をしていたので、この場を借りてご説明いたしましょう

 

■「質問力」を問うている

社会人として、最初の課題はここにあると思います。「質問がうまい人」は成長も早い

 

【NG】

1.調べればわかることを聞く (給与、福利厚生、就業時間、勤務地…)

2.社員の退職理由

3.ネガティブなこと

 

1.調べればわかることを聞く

面接という時間は限られており、かつ面接担当者と直接話せる貴重な時間です。調べればわかることを聞くことはお互いにとって良い時間にはなりませんよね。

産休・育休は制度として取らせます。有休もとらせなければいけない世の中なので「取れますか?」と聞くのはナンセンス

 

2.退職する人のことの聞いてどうするのでしょうか?子どもが生まれるときに、老人の死因を確認しますか?

 

3.ネガティブなこと、離職率、残業、あとは大手企業がニュースになった事例なんか聞かない方がいいですね。

 

→あえて、これらを聞いて人事の様子をうかがうこともできますが、一般的にマイナスの印象を持たれるメリットはありません。

vokersとかで、辞める人の意見をみたいのであればそれを確認すればよいでしょう。

 

【OK】

1.社員の雰囲気

2.社風

3.今後の方針

 

1.社員の雰囲気はもっともいいんじゃないですかね?会社のレベルでは非常に抽象的ないい人が多いとか、風通しが良いとかレベルの低いことをいうと思うので会社のレベルもわかります。「もっと具体的に」といってツッコミを入れないように手加減してあげましょう(笑)

 

2.社風もいいですね。特に「企業理念」との整合性は図るべきです。社員に「企業理念」が徹底できている企業は経営的にも強い会社が多い

 

3.今後の方針 これ聞いとけば100点ですね。答えれない会社はおさらばしましょう。何も考えていない。 今後の方針=自分たちが入社する企業の将来ですのでこれはぜひ聞いておきましょう。魅力的な話でなければ会社もダメになりますよね。

 

 

□番外編

会社説明会や面接で「うちの採用方針は●●な人が欲しいと思っている」と言っているのに、「御社が必要としている人材はどんな人ですか」とか質問されると、がっかりですね。

 

いろんな就職アドバイザーが、「会社が求める人物像」を聞くべきだと書いてあるので聞いてくるのでしょうが、クリティカルにダメです。

 

仕事場で困る人は、「なんども同じことを質問してくる人」です。

 

自分で考えることを止めないでほしいと思います。

 

 

 

【つれづれ】 無内定者が逆転を狙える必勝法がある (今だけ使える)

いよいよゴールデンウイーク前、就活生の皆さんは2パターンに割れている。

 

おそらく、4月末には3割からの学生さんが内々定を得ているという統計が、キャリタスあたりから出るのでしょう…

 

読者のあなたは、内定をもっていますか?

 

まだ内定の学生さん少し酷なことを言いますが

■内定がない人

ゴールデンウィーク明けに2シーズン物のリクルートスーツは地獄

・見送り・お祈りなれしていると、すでにフレッシュさは消えて、目が死んでいる

・焦って、いろんな企業を受けるので業界研究も不十分。志望動機も固まらない

・採用企業側も内々定者数と、今年の定員を様子を見ながら合格を出すので返事が遅い

・すでに内々定者を多く抱えた企業は、面接も厳しめ

・大学の成績証明書も出せるようになっているので、大学の成績が悪い子はさらに…

・大手企業のエントリーシートが連休明けに設定されているので準備もぎりぎり

 

 

■内定のある人

・受けたい企業、やりたい業種に絞れるためさらに要領よく企業訪問ができる

・業界研究、志望動機を考える時間も持てる

内々定の企業は、内定者懇親会なども開いてくれてよりリアルな情報を企業から受け取ることができる

・なにより、すでに内定があるという精神的なゆとりは、表情、話の内容もそうだし、学生らしいアグレッシブさも出せる(これ言ったら落ちるかも見たいなオドオド感が消えるだけも良いですよね)

・大手企業の選考が本格化する前にゴールデンウィークはリフレッシュして充実して対応できる

 

たかが、内定されど内定。。。

 

考えただけでもこれだけの差を埋めなければならない。

 

さらに悪いことに、前期試験もそろそろ準備がいりますね。

 

 

これは個人的な意見ですが、内定のある学生さんと、無い学生さんは「想像力」が違います。

内定のある学生さんは、「想像」できています。ここで内定を持っていないと、暑い中このスーツをきて、残りの単位を取得して、大手選考どころではなくなると「想像できる」

 

無い学生さんは、想像できていないから、目先のことに追われる、自己分析ってわかんねぇ。業界研究適当でいいや。落ちたけどダイレクトメールもいっぱいくるから大丈夫っしょ。たぶん寝坊したり、説明会をすっぽかすことも経験あるでしょう。

 

結局のところめんどくさがる人が慌てて大変な目に合う。

 

 

では、どうしましょう?私が現役人事責任者としてアドバイスできるとすれば

 

内定のない人は

       「内定が取れていないということを認めてください」

 

原因を考える時間はありません。

ただ、事実を受け止めれば、言葉に「必死さ」がでる。

行動にうつしましょう。

 

そして、面接官に「まだ内定はありません。もっとできることはあったのですが、先日気が付いて今かつてないほど必死です」と言ってしまおう。

内定があって、余裕な学生よりよっぽど情熱を感じる!

過ちを認めることができるのもビジネスマンとしてはとても評価できる。

 

実は「からくり」がある。

面接官はたいていが「昭和」の人です。スポコンです。就職氷河期どまんな世代ばかり、逆にこいつらに響くのは「必死さ」だったりする。

 

ゴールデンウィークまであとわずか。これ見た人動け。

【採用イベント研究】 採用イベント潜入してみた job tryout編

我々の時代はナビサイト(リクナビマイナビ)だけだったんですが、今は就職活動イベントに参加して情報収集する時代になりました。

 

人事責任者として、「採用イベント」に良く参加します。

皆さんにも使ってほしいのでちょっとご案内!

 

リアライブ社のjob tryoutという企画に参加しました。

 

リアライブさんはbestベンチャー100に選ばれる企業で、理念もしっかりしている会社。なにより会社の社員さんがとてもホスピタリティ溢れる方々が多いのでファンです。

イベントの流れは、プレゼン(6社分)→グループワーク→座談会という流れで行われる。

学生は私服でOKのようなので、サークルのイメージですな。

 

 

■流れ

□企業プレゼン

これは、ぶっちゃけ「差」がすごい。

会社の説明になっちゃってるところ、クセが強すぎてなにをいってるか判らんところ…

たった7分で企業の魅力を伝えるのだから

・ストーリー性を重視してほしい 

・数値的な根拠がほしい (よい会社です。人を大事にします)

・自分がどうなるのかわからない (会社の説明というよりは自慢じゃね)

私の企業は上場もしていなければ、地味な業務系アプリケーションの企業なので真面目にコツコツやるだけです。

私が言うのもなんですが、日本人はプレゼンが下手なんですね。

 

6社終わった後、プレゼン結果が返される。本来は受けたい会社で順位付けをするはずだが、大体の学生さんは「プレゼンがおもろかった順」になっている印象が大きい。

 

□グループワーク

グループワークはアイテムが充実しているし、自分たちに選択肢が多いので理解力と柔軟性がなければ突破できない。

チームの中で「フリーズ」する人もいて、内容は結構難しい。

説明を一度聞いただけだと誤解しそうな内容もあり、理解力が半端なく必要。

大体40人くらいの学生さんをタブレット片手に評価者(人事担当)がうろうろ。

学生は走り回り。すごい活気です。

見ている瞬間に話している学生は評価できますが、運悪く話してない学生さんは評価しづらいかもしれません。

 

学生さんのパターンは

・リーダーシップという幻想で、やたらしゃべる(内容がない)

・リーダーシップを発揮

・周りに圧倒されてしゃべらない(フリーズ?)

・的外れな動きで、チームをかく乱

 

瞬間的にしか見れないので、最初の情報の「学歴」「アピール欄」を読んで学生さんを見に行きます。記入がない学生さんは情報が少なすぎて評価の時間がない…(ごめん)

 

 

 

□座談会

学生と直接接点をもつ。15分割り振られる。

もっともごりごり学生から質問が来るかと思っていたが、優秀な学生さんしか質問しない状況(まぁ興味ないのであればしかたない)

熱心な子は何度も質問してくれますので、差別化できていいかもしれませんね。

おかげさまでうちの座談会は盛況で、時間が足らず…

 

□特別面談

会いたい学生さんベスト4を選んで15分の座談会の横で、面談ができる。中には4回全部、特別面談の優秀な学生さんもいます。

学生さんの目線でいうとどういう感じなんだろうなぁ…

こちらは、たしかにイベント中いい動きだったので、各会社同じ学生を取り合う感じでした。

 

 

□フィードバック

最後に学生さんはフィードバックシートをもらって帰った。

順位付けがされていて一喜一憂。とびきり優秀な学生さんにはラブレターを付けておしまい。

 

他のイベントと比べると、

・ワークが充実しているので本当に「訓練」になる

・学生の層は他のイベントに比べるとレベルが高い(GMARCH以上なのか?)

・企業もITや広告、上場企業と優良企業が多い(他のイベントは不動産とか、怪しい金融とかもある)

・受け身で話を聞きたいだけとかであればおすすめできない

 

 

 

■こんな学生さんは参加しましょ

GMARCH以上の大学の人

 →私はそうでもないが、GMARCHの学生さんが多いのでそれ以下の大学の人(学歴という意味で)ハードルが高いかもしれません。

 

・学生のアピール欄はきちんとかける人

 →ガクチカ、勉強とか光るものがある人は受けがいいと思います。

 

・正直業界絞ってない方

 →全然興味がなかった会社の説明が聞けるチャンス

 

 

イベントは毎年7月くらいから翌年3月くらいに終わるらしいので、ウォッチしていてください。

 

 

■まとめ

・人事担当は情報が少ない分、学歴で見る人事が多いかもしれない

・プレゼンの下手な企業、上手な企業で評価せず行きたい会社をみてほしい

・ゲームがちょっと難しいので、企業の情報が欲しいだけの学生さんには不向きかも

・チームメンバーに空気読めない奴がいると崩壊するところが社会の縮図

 

 

Rebeというサイトだったんですが、「ジョブトラ」に変わってますね。

https://rebe.jp/seminar/detail/11/

 

【就活読本】 仕事に使える統計学 はじめの一歩  本丸 諒 

これも買いですね。

 

統計学」系の本は結構あるんですが、まずはこれから始めてください。

んで、西内さんの本にいくとってもスムーズ。

 

統計学って勉強すると、この分析方法を仕事のどこで使おうかいな?という感覚で読み進めないとなかなか思い出せずに、アウトプットにつながらないケースが多い。

 

この本は、データ分析を日課としているマーケッターではなく、「あ、これってどうやって分析するんだろ?」っていうレベルの人が使いやすいです。

 

 

本書のなかの「統計学ゼミナール」という小話なんかも良く「統計」の本とかで出てくる話も多いので楽しみながら読み進むことができます。

 

この本で何となくわかったら、自分の研究や仕事上のデータをエクセルでいじってみてはいかがでしょうか?

 

いろんな統計の本を読みましたが、これはきっかけとしてとても使えます。

 

ざっくりまとめ

専門的な統計というよりも「実践型の統計」になっていて、研究とか仕事でデータをみてると「あっ、これ本にあったやつ!」という感じで使えます。

統計ってわからん。という人はここからどうぞ!

 

8/10 

 

 

                

【ES・履歴書】 ちょっとみなさん、もう一回見直して!

ゴールデンウィークを前に、大手への提出が終わりちょっと一息の学生さんも多いようです。

 

ですが、エントリーシート・履歴書ちょっと見直してくれませんか?

思いつくだけでも、改善できるポイントめっちゃある!

 

いくつか書き出すのでチェックリスト代わりに使ってみてください。

 

 

1.自分が受けたい社名が入っている(出す企業と異なる)

→これ、一発退場! 特に競合が載っていると終わる。

 

2.日付がずいぶん前

→せめて先週のものであればまだいいです。

 

3.写真が全然違う

→とくに「アナウンサー志望」の方は、全体が移るやつとかいらんよ。

→顔写真ゴリゴリで整形するヤツ

写真のギャップって、正直マイナスなんですよね。書類はとおりかもしれませんが、「誰あんた?」からスタートする面接にメリットあります?

 

4.手書きと指示がないのに、手書き。(しかも汚い)

→手書きの学生さんに限って、文字が小刻みに震えています。電車の揺れに耐えれる体幹の持ち主以外は電車で書かない

→そもそも、手書きは効率悪い。

※手書きの指定がある場合は除く。

 

5.志望動機が明らかにウチと異なる

→いや、そのビジネスモデルうちじゃないから…よくあります。

→製品名違うことも良くあります。

→私の名前も間違ってらっしゃることも良くあります。

→お話しされている会社名うちではありません

※ほんとにいるから怖い

 

6.志望動機が「人事担当がいい人だったから」

→思考停止ですか?

→人事と仕事することは確率的に低い。

 

7.アドレスの書き方が雑

都道府県から書いてください(地元民ではありません)

→電話番号間違ってます

→おうちの電話は携帯をお持ちでない人限定。(お母さんに事業説明することになる)

 

8.読み仮名をきちんと入れていない

→雑な人だなという印象かつ、地元民ではないと強く思う

 

9.自己PRと学生時代頑張ったことが全く同じ

→これは、ほんとにそれ頑張ってたんだろうなと思うけど…

 

10.どっかのWebサイトからそのまま引用、またはちょっと変えた

→人間がエントリーシート見る場合はわかりませんが、AIが見ていると「引用率」まででます。

 

11.好きなこととかガクチカに、一般受けしないネタを書いている

→批判を覚悟で言うと、戦争ネタ、政治ネタ、宗教ネタ、心理学ネタ、労働問題系の研究をしている学生さんは人事が警戒します。

※そういう分野に特化した企業に行くのなら逆にいい

 

12.クセが強い文章

→ある女子大の生徒さんは、数年前まで「キーワード」だけ太文字の強調を多用してました。今はなくなりましたが、あれ意味ないです。

→皆さんしかわからない単語や言葉で書いてくる

 

 

エントリーシートは入社の為だけに使うものではありません。入社した後の配属を決める書類になる会社もあります。

そのため、自分の上司などにみられる想定も必要です。

 

人事担当もサラリーマンです。そのエントリーシートを上司に持っていって報告する必要もあるでしょう。上記にあるような項目で「不備」がある場合。上司に報告しますか?

想像力を働かせて、受け入れてもらいやすい文章を作ることも重要ですね。

 

 

一方で、クセのあるエントリーシートは私は好きで、その辺無視して会っている。

会ってみると、いろんな理由があって書いてきてくれる学生さんも多いので受け入れてますね。

あくまで、頭の固い人事部に書類を通すには。というポイントで見てください。

 

 

sidekickでは、エントリーシート・履歴書講座もあります。使ってみてください。

 

 

https://sidekick.themedia.jp/

 

【つれづれ】 Amazonプライム値上げと就職ナビサイトについて

表題だけでみると何それとなりますが見てね。

 

Amazon プライムが値上げしちまった…

 

そもそも、プライムって日本の価格安いの知ってました?

アメリカで値上げされていってたから日本もいつかなぁと思ってましたが。。。

 

プライム会員だと

・頼んだらすぐ来る(楽天のあす楽ってたまに明日きません)

kindleでただで読める本とか結構ある

Amazon musicゴリゴリ使える

・プライムビデオもゴリゴリ

・そのほか郵送費とかも優遇

 

使い込めば使い込むほどいいサービス。

 

サブスクリプションというサービスの典型なのかもしれないがAmazonはこの辺の「消費者心理」をがっちりつかんでくる。

たしかにネットフリックスと比べればプライムビデオはもうちょっとだし、Amazon musicもituneに比べると…だけど圧倒的なコストパフォーマンス。

さらにここにはからくりがあって、例えばkindleはプライム会員だと見れる本もあるが、kindleのプレミアムだとさらに最近の本が見れるという「階層を分けたプレミアム」設定もある。(この辺は本当に脱帽)

さらに、Fireというタブレットが優秀! 私もFireがあまりにも安いし、映画見るのにちょうどいいので勢いでプライム会員になって、どっぷりです。

 

私なりにポイントをまとめると

・Fireというプラットフォームを提供

・値段以上のパフォーマンス

・さまざまなサブスクリプションを使える

・それぞれのサブスクリプションの上位クラス部分は、別メニューで用意

 

うん、抜かりない…

 

ZOZOのサブスクリプション「ありがとう」がもめているがこの辺の想定が、Amazon経営陣との差なのかも…

この辺は別の話にしましょう W

 

今はまだ、徐々に値上げなのかもしれませんが、いつの間にか生活に癒着してしまうとサービスの値段をあげられても消費者は払う。いや、払わざるを得ない状況になったら…ちょっと怖いですね。

 

新卒就職に関してが、今年大きな転換期。

読者の大学生は気が付かないかもしれませんが、就職のナビ関係が壊滅状態!

ナビサイトそれぞれには登録数に変化は例年と変わりないが、昨年と比べ登録しているだけの学生数が全く違う。

サイトのナビ担当は「もっと上位クラスのご注文を頂けないと学生さんはこない」という根拠のない提案だった。

本気でそう思っているかもしれない。

日本の人事部が、とりあえずナビサイトに注文して、学生からの応募を待つ企業がほとんどだと思うが、今年はそのスタイルの会社は絶対採用できないと思う。

でも、企業は「頼まざるえない」という状況が続くと思う。

自分たちで工夫して、考えて、リスクをとって採用行動をしなければ淘汰される時代にきた。

 

同じ頼まざる得ないサービスでも、消費者の満足度を上げるサービスと、消費者を欺き続けるサービスでは大きな差がでてくる。

 

日本の人事も、学生もナビサイトを使わない就職活動時代が来れるように新しい行動を起こすのがSidekickの目的!

打倒ナビサイトを再度誓おう!

 

 

https://sidekick.themedia.jp/

 

 

【就活読本】 組織にいながら、自由に働く。 仕事の不安が「夢中」に変わる「加減乗除(+-×÷)の法則」 

就職活動中の皆様にはちょっと俯瞰してみてもらいたい本!

 

学生の皆さんにおいては、組織に入れてほしくて就職活動をしておられると思いますが

この本の仲山さんは、組織にいながら「自由」を手に入れた人。

 

会社組織にいながら「自由」を手に入れることってどういうことよ!?

と思われる方も多いと思います。

 

ものすごくざっくり言うと

「組織のために仕事をするのではなく、お客様のために仕事をすることで圧倒的な成果を出す人だから、会社組織の中で独立国家を手に入れた人の話」

 

と解釈しました。

 

 

組織において、全体が効率的に動くように役割を決め、分担し物事を進めることは多いと思います。組織はそんな予定調和の中で成果を上げた人を評価する…

 

作者は、組織にいながら評価者に向けて労働を提供するのではなく、徹底的に「お客様」と向き合い、お客様のために労働を供給しているそんな人だと思いました。

 

組織に予定された成果を出すのではなく、組織が想定していないけれども結果として大きな成果を生み出す作者に、企業は自由を認めた…

 

そんな解釈をしました。

 

組織の一員として予定された成果を生み出すよりも、徹底して「お客さん」と向き合い、想像以上の成果を生み出し続けることによって、組織の枠を飛び出し仕事で遊ぶ。

 

そんな理想の働き方を見たように思います。

 

 

私のような俗物は、コツコツ目の前のことを行います。

 

 

9/10 これも良書! 就職活動生には刺激が強いので、就職して3年目のちょっとわかるようになった社会人に読んでもらいたい。

働かないおじさんには響かない本かもしれない…