就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

【自己分析】 さくっと自己分析を始めよう(初級編)

■ストレングスファインダー https://www.gallupstrengthscenter.com/home/ja-jp/index


有料ですが、非常にオススメできるのが、書籍「さぁ、才能に目覚めよう」に付属している「ストレングスファインダー」という診断テストです。

このテストは、100万人以上の社会人のデータをもとに作成したテストで、質問に答えると、あなたの強み上位5つを教えてくれます。

「さぁ、才能に目覚めよう」には、それぞれの強みをどうやって仕事に活かすか?も詳しく載っているので、将来のキャリアを考える際に非常に役立ちます。

「さぁ、才能に目覚めよう」は名著です。



■適職診断ツール「AnalyzeU+」http://offerbox.jp/studentlp/

「OfferBox」という就活サイトが提供している自己分析ツール「AnalyzeU+」
経済産業省の定めた「社会人基礎力」等を250余りの質問で、偏差値形式で教えてくれます。

⇒Offerboxに無料登録が必要です。


リクナビ診断 https://job.rikunabi.com/2020/shindan/

リクナビの適職診断ツール「リクナビ診断」。これはテストによって、あなたの強みからあなたのタイプにあった仕事まで提案してくれます。

さらに、この結果をもとに、リクナビに登録してある求人から、あなたのテスト結果と相性の良い仕事まで提案してくれるため効率的に就活を進めることができます。

適職発見におすすめなツールでしょう。


マイナビの適職診断https://job.mynavi.jp/20/pc/forward/forwardMatch/index

就活サイト「マイナビ」の提供している適職診断ツール。テストで「どんな会社の仕事が向いているか?」さらには「どんな業界の仕事が向いているか?」「どんな職種の仕事が向いているか?」まで教えてくれるのです。
どこを受けようか迷っている人向けのコンテンツ


■キャリタスの適職診断「キャリクエ」https://quest.career-tasu.jp/


RPGのキャラクターにたとえて、あなたの適職を教えてくれるツールです。テストを受けると、以下のように、あなたの該当するRPGキャラを教えてくれます。

テスト自体は1、2分ほどで終わる簡単なものですが、単純に面白いテストなので、暇つぶしに受けてみましょう。


あくまで、システム判断ですので一喜一憂せず、自分の適職を見つけるために使用してください。なかには「思わぬ内定先」をgetした人もいます。



Sidekickでは「自己分析」含むざまざまな就職活動支援を行う学生団体です。https://sidekick.themedia.jp/

【2020年卒の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、ワコール、他