就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

就活で入社する会社を決める理由を分析…答えは「成長性」!?

就活で入社する会社を決める理由を分析…答えは「成長性」!?ほんとにそうでしょうか?

リクル〇トのプレスリリースを改めて読んだのですが

就活生の皆さんのいう「成長」ってどういう意味なんだろう?

 

リ〇ルート社調査概要

「就職先を確定する際に決め手となった項目」を、978人に聞いたところ、47.1%が「自らの成長が期待できる」ことになった。

よって、2019年卒の人は「人生100年時代」「多様性の時代」なのでこのようになったのではないか?という記事。

なるほどさすがは天下のリクル〇ト様ですなぁ…

 

以下、にあります。

https://www.recruitcareer.co.jp/news/20190131.pdf 

 

 

は?

 

 

f:id:sidekicks:20190508132438j:plain

マジで言ってんのか?

 

 

うそでしょ。あのリ〇ルート様が…

 

 

f:id:sidekicks:20190508132656j:plain

なぜ?

 

ひさびさに超絶な疑問がうまれたので。

頭のいい人が集まっているリク〇ートの社員様の分析だとそうなるかもしれませんので、皆さんで判断してください。

こっからは私の考えです。

 

 

 

 

なぜ一位の指標しか見ないのか?

たしかに、1位に上げた成長性は、他の2位以下の指標に比べて、10ポイントほど離れているが、2位は団子状態で、福利厚生(住宅手当等)や手当が充実している(37.8%)、希望する地域で働ける(37%)、会社業界の安定性がある(29.5%)と続く…

1位の指標に圧倒的な差がない部分で、2位以下に表れている部分を見ないのだろうか…

以下は、資料からベスト10を抜粋した。

 

■就職先を確定する際に、決め手になった項目ベスト10(複数選択)

項目 割合
自らの成長が期待できる 47.1
福利厚生(住宅手当等)や手当が充実している 37.8
希望する地域で働ける 37.0
会社や業界の安定性がある 29.5
会社・団体で働く人が自分に合っている 27.5
会社・団体の理念やビジョンが共感できる 22.2
会社や業界の成長性がある 20.2
年収が高い 18.4
ゼミや研究等、学校で学んできたことが生かせる 16.1
教育・トレーニング環境や研修制度が充実している 16.0

見ての通り成長することを望みながら、それを支える「環境」を選んでいる という見方はできないだろうか?


  

本音と建前の使い分けができる世代

人には、本音と建前がありますよね。

今回のアンケートでは成長を希望している本音の裏に、さまざま安定を希望する指標が隠れているのではないか?

ビジネスシーンではよくあることですが、今回は露骨にそれが出ていると思いませんか?

 

■就職先を確定する際に、決め手になった項目ベスト10

項目 割合
自らの成長が期待できる 47.1
福利厚生(住宅手当等)や手当が充実している 37.8
希望する地域で働ける 37.0
会社や業界の安定性がある 29.5
会社・団体で働く人が自分に合っている 27.5
会社・団体の理念やビジョンが共感できる 22.2
会社や業界の成長性がある 20.2
年収が高い 18.4
ゼミや研究等、学校で学んできたことが生かせる 16.1
教育・トレーニング環境や研修制度が充実している 16.0

1位の成長以外の部分は、精神的・物質的・地理的な安心安全をポイントにしていませんか?

まぁ、複数回答なので本当に入社を決めたポイントとはならないかもしれないが、見えてくるものは〇クルートさんの分析とは私は異なる。

 

面接官世代と学生間の成長に関する考え方の違いがありそう

・面接官世代の考え方:自分が中心となって、成長するためには自ら行動を起こし「勝ち取っていく」イメージが強い

・学生世代の考え方:成長は与えられる環境によってもたらされるもの。

 

となっているイメージを持ってしまった。

面接官世代の成長に関するデータがない分で、私の思い込みになるかもしれないが、企業がこの指標をみて、「よし!今年のテーマは「成長性」をアピールするぞ!!」と昭和の企業戦士が奮闘しても、学生を成長させる物質的な安定と、精神的な安定を最大限整備してあげないと学生は入社してくれないということになりますね。

 

やはり、昭和の「企業戦士」は死なず、ただ去るべしといったところでしょう。

 

この指標をみて学生が注意するべきこと

これはずばり、面接官の言う「成長」と自分たちで思う成長を見極めることでしょう。昭和の企業戦士だったら、「成長したいんだろ、死ぬ気でクリアできる課題に挑戦しよう」となり、裸で戦場に送り出されることでしょう。

 

人を成長させることのできる企業が求められているのでしょうね。

 

f:id:sidekicks:20190508145715j:plain

ちょっ、まっ、めっちゃウケる!!

 

 

友だち追加