就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

【エントリーシート】 もしやっているならすぐに止めてください!! AIが書類選考する時代です。

エントリーシート【以下ES】、履歴書を提出する時期ですね。

現役人事責任者として、知っていることを今日も皆様にお話しします。

 

今日はESと履歴書について注意点を記載します。 どんなに努力して準備していても、これで落ちたら選考にすら進めませんので注意してください。

また、上場企業ではAIによる書類選考がメジャーになりつつあり、それの対策も必要です。

現役として、最近の採用事情をお伝えします。

 

 

■最もやってはいけない!

特に、Webで出回っている「先輩が使った事例」「内定をもらえた書き方」などをコピーすることは絶対やめてください。

大学で勧められる「例文集」も危険です。(人事側でストックしてますよ)

 

理由は2つ

1.著作権で問題

2.AIで書類を見る企業が増えているので、AIでは判別される(コピー率〇%といった判断が可能)

 

昔は人が見ていたので、「似ている文章があるなぁ」くらいで通過していたかもしれませんが、今はAIが見抜きます。

特にWebサイトで出回っている「事例集」は参考程度にしましょう。

参考にする部分は、その企業が求める人柄の表し方、雰囲気などのニュアンスの部分です。

やたら体育会の雰囲気だったり、論理的な文章を好む企業だったりとそれらを「掴む」だけ。

 

 

 

■注意しましょう

資料作成を手書きで指示する会社もあります(特に歴史の長い大手)実はこれも「AI」選考が行われます。誤字脱字は当然のことですが、AIには「画像認識」という技術も発達しており、肉筆を読み分けます。

例えば

 ・はじめは気合が入って丁寧な文字だが、後半「雑」になる→持続性なし

 ・とめ、はね、はらいがきちんとしていない→配慮ができない

といった設定も可能かもしれません…

 

 

■提出の期限

実は現場では、到着したものから順にみます。

順にみていき、必要定員数に満たした場合、ギリギリに提出した人のエントリーシートはどうするでしょう… 

「〇月〇日まで提出」となっていても、可能な限り早めに、高い精度で提出できるようにしましょう。

 

■注意

就職活動の本などに、履歴書書面の文章で「単語」を強調する書き方を推奨しているものがありますが、あれは「止めて」ください。

〇〇女子大学の就職支援センターは推奨しているようですが、現役人事責任者からすると「通したくないES・履歴書」になります。

 

 

 

まとめ

・AIツールでの選考が行われている昨今「コピー」は通用しない

・手書きであれ、データであれ判断基準は設けられている

・誤字脱字がないのは当たり前だが、手書きの丁寧さまで見られる

・提出期限はあったとしても、可能な限り早く提出することをお勧めする

 

 

 

限られた時間で限られたパフォーマンスを要求されるのはサラリーマンとしてあたりまえです。

学生の皆さんも、すでにそれを要求されているのかもしれません。

 

 

Sidekickでは、AIに負けないエントリーシート講座を設けているようですので問い合わせてみてください。

 

sidekick.themedia.jp

 

 

【2020年卒の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、ワコール、他