就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

【グループディスカッション】 あんな短い時間と、意味の分からないテーマで私の何がわかるのよ?

これ、よく学生さんから質問されます。

 

逆に、「あんな短い時間と、意味のないテーマでなにがわかるんですか?」なんて涙目の人もいます。

 

企業の文化にもよると思いますが、見ているポイントはおそらく人事担当は以下の3つをポイントに捉え、各社の指標に合わせて評価すると思います。

 

では、なにを見ているのか?実は3つ。

 

1.「役割」を全うできているか? 

2.グループディスカッションの様子を見て、仕事っぷりが予想できるか?

3.雰囲気

 

「役割」を全うするとは?

会社という「人」の集合体において、求められる機能を果たさない場合は組織で成果を出す以上大きな問題です。

みんなでキャンプに行って、テントを張る役割の人、料理をする人、薪を集める人役割分担をしたのに、うまく機能しなかったらどうでしょう。

また、薪が集まってないのに料理の準備終えてしまう人とかどうなんでしょうね。

会社は、役割、権限、責任を人に与え、それらが総じてポジションになります。

そのポジションを全うできるのか?という「縮図」をグループディスカッションで見ています。

 

 

仕事っぷりを想像できるか?

グループディスカッションを会社の会議と置き換えて、見た場合。以下のような反応が人事担当からは気になります。

・ディスカッションのテーマをキチンと理解できていない

・自分の意見に指摘があったときの反応

・要点をとらえず話が長い

・空気を読めない

・揚げ足取りに終始終わる

こんな人と会議できますか? 特に自分の意見に対して指摘されたり反論されたときの反応はわかりやすい人が多いです。

 

 

・雰囲気

これはよく人事担当同士で言われるんですがやはり「なんとなくいい」というのもあります。

その人のディスカッションに臨む姿勢、立ち居振る舞いが「うちの社員っぽい」ということです。

 

3つのポイントをもとに、後は各社それぞれといった感じですね。

 

最初に「企業文化にもよる」と記しましたが、例えば

〇超大手、老舗企業であれば

リーダーの意見をうまく立てて、周りに気を配り、円滑に議論が進むことを意識ができている。いい子

〇中堅、オーナー企業であれば

自分の意見もしっかりいうが、何より空気を読める。賢く周りと協調することができており、バランスがいい。

〇超ゴリゴリのベンチャー企業

周りの意見をねじ伏せても、自分の意見を通そうとするパワーを評価。よくわからない元気さで周りを圧倒している

 

見ているポイントはどこの企業も同じかもしれませんが、点数をつける部分の「比重」が異なりますので、その企業にあった表現に心がけましょう。

 

長い目でみたら、内定を取れる対応よりも、ありのままの自分で臨み評価してもらえる会社こそが「いい会社」だったりもする。(それはまた別のお話し)

 

Sidekickでは、グループディスカッション攻略講座もやってまして。昨年の参加者は200名とのことでした。

 

興味のある方はぜひ

 

sidekick.themedia.jp

 

 

 

 

 

【2020年卒の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、ワコール、他