就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者だけど、自分の就活は超苦労した人。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

MENU

【就活読本】 人を動かす デールカーネギー


これは「よく読みます」ですね。

カーネギーシリーズはかなり読み込んでいるつもりです。

(身になっているかは別にして)

 


先日、当社の選考でグループディスカッションを行いました。

あるチームにとてもやる気があって、前向きにグループディスカッションに臨む2人の学生がいるチームがありましたが、互いにとてもエリートで優秀なため互いの意見を譲りません。

なかなかチームの意見がまとまらずほかのメンバーは途方にくれていましたが、一人の女子学生が「人って自分の思ったようにしか動かないのよね…」とつぶやきます。

 


まさに、カーネギーの文章にもそのようなフレーズがあったなと思って、改めて読んでみました。

(ディスカッションは2人の学生が互いの意見を最後まで譲らなかったのですが、面白かったので通過させました)

 

 

 

ざっくりいうと

・人に好かれる原則

・人を説得するとき

・そんで変える

 


ビジネスシーンでも営業であれコンサルティングであれ、チームマネジメントでもこのネタは使える。

かなり古い本なので状態を気にしないのであれば古本屋でOK

 


学生時代に読んでおくと、かなり良書だと思います。

 


小学生とか中学生とかでもいいかもしれない。

 


出ては、消えるビジネス本の中でも今でも読まれている本にはそれ相応の真理があるのかもしれません。

 


こんなに技術が発達して、インターネットが人の可能性を広げているのに変わらないもの。

皆さんも一つ読んでみませんか?

 


結構な数のビジネスマンは読んでいるはずなので、使えるとポイント高いかもしれませんね。

 


先ほどの女子学生は大学の論文テーマがカーネギーでした(やはり)

 


もちろん彼女にも通過してもらおう。