就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者だけど、自分の就活は超苦労した人。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

MENU

就活の面接では、その返答が内定を遠ざける!? 【面接】

面接が始まっています。

 


この時期には2通りの学生さんがいらっしゃいます。

 

f:id:sidekicks:20190430135218p:plain

その返答だめだよ~

 

 2パターンいる学生さん

 

 

 

 

両者はその話っぷりで大きく印象が異なります。

 

 

 

1.幅広い業界を見ています→要は決まってないってことね。。。 

こちらは、

で、いつまでそれやるの?

なぜ絞りきれていないの?

始めた時期は【遅いんじゃないの?】

など、正直に言うと人事担当者もネガティヴに受け止めます。

うまい返答を準備してください。

 


賢い学生だと、

「御社の説明を聞くまでは、決めていたんですが…」くらい言います。

もちろんこの後に質問は続くので準備が必要なのですが。

この手の回答には【センス】( ・∀・)イイ!!を感じますね!

 


ビジネスシーンでは想定外も起こります。そんな時にこの回答が出来る人の突破力は評価できます。

 


とはいえ、有らぬ想像をさせてしまう1.の回答は得策とは言えないでしょう。

 

 

 2.業種・業界を絞って、受けたい企業だけ受けている

ゴールデンウィークまでに、内定が欲しい人はこの回答一択です。

一番のメリットは、面接官の【想定内】であること。

前に書きましたが、面接官も経験値が低い場合が多く、想定外に弱いケースが多い。

相手を安心させることも、内定ゲットには重要だと思ってください。

相手を安心させると面接が有利に進むはずでしょう。

 


当たり前ですが、その後の質問は【志望動機】になりますので、準備をお願いします。

 

 

 

まとめると…

・面接官も人間!緊張したり、経験値が低い事もある!

・想定内の質問で相手を安心させることも重要。

・業種・業界は決めてるという回答が無難!

・相手を誘導したら、準備した志望動機を発動。

 

 

 

結局、面接官も人間。そして正しい答えがほしい訳ではなく。会話を楽しみたいんだな。ということを覚えていてください。

 


まだ、内定がない学生さんは焦りも出始めていると思います。苦しい時ほど笑顔で乗り切りましょう。

 

 

 

 

https://sidekick.themedia.jp/

 

f:id:sidekicks:20190430161541j:plain

苦しい時ほど笑え ( ´∀` )

 

 

友だち追加