就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

【就活読本】 「3か月」の使い方で人生は変わる 佐々木大輔

読みました。

 

学生の皆さんには「時間の使い方」という面でとても参考になるかもしれません。

 

 

一年単位で物事を考え進めたとしても、モチベーションを維持し、状況の変化に柔軟に耐え対応するのは難しい世の中になってきたので、3か月という期間で集中してやっちまえ。

というのが乱暴な要約です。

※こら、雑すぎる という意見はこの際…

 

 

freeeという会社が、日本の9割の中小企業の経理周りを変えようとしている付加価値の高い企業になっていくのは、このサイクルの速さがポイントなのかなと思いました。

文章もとても簡易な書き方でややこしい横文字を羅列するタイプの作者ではないのでとても吸収しやすい印象です。

 

 

っが。

3か月も待ってられない、変化の早い企業に私が在籍しておりますので、「そんなもたもたしてらんねぇよ」と思ってしまいました。

したがって、この本最後まで読みませんでした。

 

 

私個人の考えですが、3か月集中できることはなく、3か月まとめて複数のことを一度にやることの多い、ベンチャーでやっている人からするとちょっと現実離れしていました。

 

まぁ、私の仕事の仕方が違うだけなのでしょうがないのですが。

 

 

総評 6/10

正直内容は新卒とか、一年生向け。中間管理職以上の大人は私と同じ目に合うはず。

 

私も、今年の内定者にこの本上げたら「面白かった」とのことでした。

 

大人には、毒にも薬にもならんかも…

 

 

友だち追加