就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者だけど、自分の就活は超苦労した人。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

MENU

就活生に悲報!?日本の定年退職が45歳定年説 【つれづれ】 

衝撃の表題ですね。日本の定年が事実上早まっている。

安定的な仕事に…なんてのはもう終わったんですよ。

でもこれ事実です。

 

f:id:sidekicks:20190430134500j:plain

定年はおじいちゃん。45歳になりそうです。

最近45歳で定年がトレンドです。(正確に言うとちょっと違うのですが、まぁだいたいそんなところ)

1.45歳をポイントに退職を募った企業(異動も含む)
・富士通
・日本ハム
・アルペン
・コカ・コーラ
業績云々もあるかもしれませんが、単純にリストラでしょう。(正確にいうとジョブチェンジや配置換えということかもしれんが)

 

2.今大企業で何が起きているのか?
私のファーストキャリアも東証一部上場企業だったのですが確かに45歳くらいって2極化するんですよね。いわゆる「働かないおじさん」問題。
日本の新卒採用制度と、適度な年功序列は不景気に強く、いい仕組みだと思うが、一方で過剰な年功序列により、45歳くらいって担当課長とか課長代理とか正式な課長じゃない人って多いんです。役職のない人もうじゃうじゃいる…
しょっちゅうタバコ吸いに奴も多かったなぁ
そのくせ、俺らには「仕事せぇ」とおっしゃるわけで…

すべてのおじさんがはたらかないわけではないかもしれませんが。
きちんと働いている人ももちろんいます。

3.技術革新「RPA」の原因!?
ここで出てきたのが「RPA」ロボティック・プロセス・オートメーション
地道にコツコツと事務処理を行うことに命をかけていた人の仕事が奪われつつあります。

ある役所では、業務効率は9割アップしたというデータもあります。
(9割って、逆にどんだけ無駄あるんよ!?)

AIで仕事を奪われるかも!?なんて話がありましたが、システムはすでに人を必要としない領域も拡大しています。

4.サラリーマン金太郎はこれを予期していた?
ふと、サラリーマン金太郎を思い出した!
金太郎が、早期のリストラ社員を束ねて会社を興し、成功する話がありました。その時は会社の資金源としてリストラ社員の「退職金」で会社を興したと思います。やる気をなくしたおじさん達も、自分たちの退職金を投資した会社だから死ぬほど頑張った話だったと思います。

5.結論

組織にぶら下がれない。大手の企業に入ってゴールとなってた時代が終了。

割り切って!そのために先輩のようなのんびりした社会人生活は送らない。

限られたサラリーマン人生の間に「会社がなくなっても、クビになっても生きていける付加価値」を身に着ける。


これっきゃない。




大好きなブルーハーツの歌詞で今日は締めよう

色んな事をあきらめて 言い訳ばっかりうまくなり責任逃れで笑ってりゃ 自由はどんどん遠ざかる… 満員電車の中 くたびれた顔をして夕刊フジを読みながら老いぼれていくのはごめんだ。
ブルーハーツ ラインを超えてという歌でした。

f:id:sidekicks:20190430135218p:plain

大企業もつらいよ…



もう、ライン際です。

友だち追加