就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者だけど、自分の就活は超苦労した人。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

MENU

内定率がやばい。20卒の今すぐやること3つだけまとめてみた

就職内定率からみる本音。20卒の今すぐやること3つだけまとめてみた(ほんとは教えたくない対応策)をまとめました。

この手の統計は、怖いのであくまで指標ととらえます。

 

就職情報大手のマイナビ(東京・千代田)が10日発表した2020年春卒業の大学生・大学院生の4月末時点の就職内定率(内々定含む)は39.3%だった。前年同期より6.1ポイント上昇した。なかでも理系男子は半数を超えており、採用活動の早期化が一段と鮮明になっている。

日経新聞より 

 

20卒の内定率が発表された。20卒の皆さんはこの現状がどういう数値かわかりますか?

通年人事責任者をしている人間からこの数値を見ると…

 

昨年2019年卒の内定率と比べると、6月の数値と同等になります。

今日は、統計データと、現場の人事責任者の差を書いてみます。

 

f:id:sidekicks:20190513072915j:plain

数字から見えるものは何だろう。

 

 

 

この統計から見えること

この統計だけ見ると、どう思いますか?

「やばい、俺無内定なんだけど!」「私の周りまだ内定持っているひと少ないよ」

など、さまざまでしょう。

実際の問題として、約4割の学生が内定を持っているという数字は、昨年の6月初旬の割合ですので、

「就職活動は早期化している」

という部分は疑いはありません。

 

なぜ内定出しが早くなる?

実際企業が早くに内定を出すケースはいくつかありますが、大きく分けると3つ

・理系の学生で研究が忙しくなる学生向けの早めの内定

・インターンシップなどで縁があり、優秀と評価している学生への内定

・学生からの紹介で早期から面接をした人

これらの条件の学生さんには企業も早めに内定を出すケースはあります。

近年インターンシップ参加の学生さんが増えているので、上記の理由で「内定が早い」学生さんが増えるのはあたりまえでしょう。

 

マイナビに良い統計データ発見

https://saponet.mynavi.jp/

f:id:sidekicks:20190513074007p:plain

インターンシップは例年増え続けている

 

早くなるのはわかった、ではもう手遅れ?大丈夫まだ、みんなやってるよ。

マイナビの統計はまだ続きがあって…

日経新聞よりマイナビデータ

理系学生の内定率が高くなっており、理系男子は前年比6.9ポイント上昇の50.9%だった。理系女子も42.8%と3.3ポイント上昇した。これに対して文系男子は35.5%、文系女子は32.5%と前年よりは上昇したが、3割台にとどまった。 

 地方都市ならば、国公立大学の生徒比率が多いのだが、都内は8割が文系なので、実質は3割くらいの学生しか内定持っていないことになると思われる。

 

さらに、この記事には続きがあり

日経新聞より マイナビデータ

マイナビは「製造業や建設業などが理系学生を囲い込もうと早めに内定を出しているのではないか」とみている。一方、内定を得た学生に今後の活動を聞いたところ、就職活動を終えるという回答は30.5%にとどまった。内定を持ちながら就職活動を続ける学生も多いようだ。

調査は4月24~30日にネットで実施し、計7342人から回答を得た。

 この辺は、統計の闇ですね。

・全体の4割が内定を持っている

・内定を得た学生のうち、就活を終えるのは3割

 

内定を持っている4割の学生の内、3割が就活を終えると想定すると残りの9割くらいの学生はまだ就活を続けていることになる。

 ただし、インターネット上の回答をまとめているこの統計。アンケートに答える人って、内定のない学生は「それどころじゃない」でしょ?

したがって、比較的意識の高い人の回答となるので、実際はもっと違うと統計となるだろう。

 

現場の感覚との違い

実際この時期一日10人から4人の学生とあう、私が統計を取ると、内定をすでに持っている学生は2割程度。

特に女性の就活生は9割くらいの学生さんが内定を持っていない。

しかし、確かに理系の学生は内定保有割合は高く、こちらは新聞のデータ以上に内定を持っている学生の割合は多い

 

と、いうことはまだ大丈夫なのか?

これは、違う。

すでに大手のエントリーは締め切り状態。6月の頭に就職活動が解禁となっている大手は、6月1日の内定出しが行われる…

 

焦るべき学生はこんな人(あんたぁ、大丈夫かい?)

・インターンシップに行っていなくて、企業との関係性が無い

・大手の選考は申し込んでいない(忘れてた)

・大手選考にかけていたが、全部やばそう。でも内定ない

・大学の単位取得がまだある

・大学の研究が忙しい

・教員資格を取るために、教育実習がこれからスタート

・正直、まだあまり就活をやっていない

・ぶっちゃけまだ何したいか迷ってる

この辺の人は、急ぎの対応が必要

 

条件にあてはまったので、もう終わりですか?

 

さまざまなタイプで就活がうまくいっていないようですので、タイプ別の攻略法をおすすめします。 

 

20卒の今すぐやること3つだけ!

1.とにかく情報が欲しい学生さん向け

自己分析、業界分析、企業分析、面接対策、グループディスカッション、履歴書の書き方、エントリーシートの書き方など、就職活動はやることがたくさんあります。

そんな学生さんの情報量を一気に補うのが、就活ノート です。

情報を得るのであればこれだけでOK。就職体験記はマジでリアルです!!

就活のあらゆる情報は就活ノートに詰まっています。

 

 2.とにかく内定がほしい

とにかく内定を持っていないと不安な人は「就活イベント」をお勧めします。

学生イベントに参加して、一人でも多い学生に合いたい=内定出したい企業の集まりです。www

MeetsCompanyは年間利用者10万人の就活イベント。グループワークなどもないので企業のことを知ることに徹することが可能です。詳細は過去記事を掲載しますね。

 

 

 

3.もはやどうしたらいいかわからない人へ 

正直、いろいろやってみたけどもうだめです…という方。にはまだ大丈夫です。

現役人事責任者としてこの方法で来られたら正直困る…

「就活アドバイザー」を使いましょう。就活アドバイザーが、あなたにおすすめ企業を紹介してくれるサービスがあって、もちろん無料で利用できます。厳選4社!

 

【もっともおすすめ】

就職エージェントneoキャリアチケット(←迷ったらここだけでOK) 

 

 

 

1.就職エージェントneoこちらは、もっともおすすめです。

運営企業が上場企業のネオキャリアさんで安心です。あなたに合った企業を紹介してくれますし、面接アドバイスと履歴書添削を何度もやってくれるし、履歴書を一枚提出すれば複数社にエントリーしてくれるので圧倒的な時短になります。※今なら「銀のアンカー」が読める特典付きです! 就活生に銀のアンカーおすすめですよ。

何より、【20卒限定】最短1週間内定できる就活支援というのは心強いですね。

 

2.キャリアチケット

こちらは、渋谷にあるレバレジーズ社のサービス。(超おしゃれ企業)

・早い人で一週間で内定が出る

・アドバイザーが付くので、面接、履歴書、グルディス様々な対応が可能

内定率が1.2倍になる面接対策プログラムがあるらしい…

・企業の人事に直接交渉してくれる「特別推薦」もある

アクセスもしやすいので就活の合間に行ってもいいですね。

 

 

3.新卒採用サービス【digmee】

LINEで手軽にスタートできるサービスで、人事とつながりやすいのもポイント。非常に使い勝手もよく、スマートな就活が可能です。ターゲットはベンチャー系が多く、大学もGMARCH・関関同立有利なのがちょっと…

 

 

 

4.Job Spring(20卒用)

こちらは入社後のキャリアパスも考えて提案してくれるサービスです。とくに1000社ほどの非公開求人を紹介してくれるサービスなので「知らなかった企業」を紹介してくれる可能性もありますね。

 

とにかく行動してみましょう。