就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

阪急電鉄中刷り広告に思うこと。よっぽどAGA広告の方がツラい…

阪急電鉄の中刷り広告が炎上中です。私は薄毛なのでよっぽどAGAの広告の方が周りを気まずくさせる www

 

今日は就活と年収について思うことを記します。

 

・この広告のなにが問題

・なぜ炎上している

・炎上している理由はたぶんここ

・そんなことより、AGAのハゲ広告の方がストレスで抜け毛が進行するんだがというお話

 

f:id:sidekicks:20190612084348j:plain

そんなことよりハゲの治療広告の方が深刻…

 

 

 

 

問題となっている広告について

 

https://www.asahi.com/articles/ASM6B6FJ9M6BPLFA00Q.html

朝日新聞より

 

毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、

30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、

どっちがいいか。研究機関 研究者/80代

 

人によっては、「そだね」で終わるものの、この記事が炎上している。

しかもこの中刷りを取りやめた。

 

批判の内容

・「月30万で低い方...?十分じゃね...?と思ってしまった」

・「昔はそんくらいだったんだねえ...あれは誰が作ってんの?大昔の人?」
・「時代の違う感性だな...」
・「ブラック企業あるある的精神論ポスターみたい」

と、さんざん…

 

 

批判の原因を考える

こんな時は、感情に任せず、厚生労働省さんのデータで見てみよう

厚生労働省HPより

tps://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa09/2-2.html

 

f:id:sidekicks:20190612081828g:plain

所得金額階級別にみた世帯数の相対度数分布 ちょっと古い

 

ちょっと古いですが、月30万円というと360万円。残業とか賞与があれば400万円未満と考えると、全体の46.5%は400万円以下となる。

さらに、平均年収以下は61.3%

 

この広告のいう月30万円というのはおおよそ半分の人がそれに該当してしまっている部分で反響を呼んでいる。

 

ここからは憶測だが、twitter等ですぐに呟ける端末を常に持っている世代。

思ったことを表現することに抵抗のない世代がバズらせている感じもする。

月収50万円の世代は中間管理職として、年収400万円以下に指示をしている側。

 

むしろ広告に共感したかもしれない。 

 

 もっと衝撃なデータは

f:id:sidekicks:20190612082723g:plain

日本人の年収は上がっている人がむしろ少ない?

グラフの通り。

なんと日本人の年収は500万円以下の人が増大している。

 

労働力人口は減っていっているだろうから、儲かる人は超儲かるか、サラリーマンを辞めているか?くらいしか想像ができない…

 

 

まとめ

なにを言っても文句をいう奴ばかりという世の中になってきた。

いちいち全員のことを考えて発言する必要がある窮屈さ。

平均年収以下の人が増え続ける事実。

 

広告を受け止める側の「心の余裕」がないのかもしれない。

 

「仕事にいくのが楽しみで仕方ない方が幸せ」って人が増えれば、この広告はだれの目にも止まらない。良い「駄作」で終わったはず。

 

蛇足

そんなことよりAGAの広告をやめてくれ。筆者は薄毛だ。しかも本人は気にしていないが広告と同じハゲ方なので、周りの人が気まずい思いをしているはず。

頭を下げたいが、下げるとよく見えてしまうので、遠慮している。

わかったほしい。

 

【2020年卒の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、ワコール、他