就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

就活Sidekick

まずは、お読みいただきたい記事3選

2分でわかる障がい者の就活。雇用率からみるチャンスと先輩が使ったサービス 

障がい者採用で就活方法まとめ。

新卒、中途、未経験。関係なくできる対応策です。

 

Sidekickメンバーにも障がい者手帳をもっている学生さんもいます。

障がい者手帳をもっている学生さんに就活サービスを簡単にまとめています。

 

さまざまな就職支援サービスやブログ、企業はなぜ障がい者用の就職サービスをまとめないのでしょうか?

 

面談に行くと2,000円のQUOカードがもらえるところもあります。

詳しくは→ 障がい者のための無料職業紹介サービス【エージェント・サーナ】

 

 

※この記事は障がいを持つ学生さんが必死に就活に向き合った話です。

 

f:id:sidekicks:20190814130800j:plain

 

Sidekickメンバーでとっても頑張り屋の池本さん(仮名)は、精神的な障害があります。

国立大学の文系卒業見込みで、就活をしていますがなかなかうまくいきません。

企業の障がい者枠を狙って就活することも視野に入れて動いています。

しかし、なかなかいい方法が見つかりませんでした。

 

「いろんなサイトを検索したけれども障がい者用の就活情報が少ない」

 

彼女なりの「調査」データをもとにこちらでまとめましたので、ご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

先輩の成功事例と障がいに気が付いたタイミング

 

池本さん(仮) 国立大卒予定 文系

就活は昨年2月くらいから始めるが10月すぎても内定がない

 

「質問1」:就活はどの辺が大変でしたか

・やらなければいけないとわかっているけどなかなか行動できなかった

・準備した履歴書とかを忘れる

・説明会の予約等も忘れてしまう

・もともと口下手だったけど、面接でうまくいかない

・グループディスカッションで周りの子が変な顔をする

・筆記テストは得意な方

・説明会を集中して聞けなくて大変だった

 

「質問2」:障がいと向き合ったのは?

・キャリアセンター で相談に行くと、医師の診断をすすめられた

・医者に相談してみるとADHDということだった

ADHDとは

 

池本さんもはじめは戸惑ったが、

・あまりにも就活がうまくいかない

・原因もわからないまま悩むのがつらかった

受け入れてみると障がい者として、公共施設が安く使えたり、障害年金という制度もしった。

 

就労移行支援施設でうまくいった「就活」

池本さん(仮)は障がい者採用枠で、新卒として内定がでた。

大手もアパレル企業の事務職。

人事部の配属で、仕事することが決まっている。現在は就労移行支援施設で訓練中。

オフィスでの働き方や、メールの送り方、パソコンの使い方。

または、コミュニケーションの取り方などさまざまな支援を受けている

 

 

こんな人におすすめです

・障害があってうまく就活ができていない

・キャリセンもなんだか扱いが雑な気がする

・キャリセンにいったら、カウンセリングを受けるように言われた

・カウンセリングを受けると「障がい」を診断された

など、さまざまなケースがあります。

 

 

障がい者むけ就職支援サービスとは

厚生労働省はこのように考えています

障がい者手帳を持っている学生さんで就職を頑張っている方は、就職を支援するサービスが実はたくさんあります。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/index.html

厚生労働省ホームページ

 

サービスの流れ

f:id:sidekicks:20190614154737j:plain

就労移行支援サービスの流れ(dodaチャレンジより)

 2分でわかるサービスの動画


Cocorport(旧社名:Melk)の就労移行支援サービス様 紹介より

 

チャンス?大手入社が決まる!?

また、障がいのある人は会社の社員数50名以上在籍している企業は2.2%以上雇用することになっているので、大手企業にも就職できるチャンスがあります。

※将来的に2.3%になっていきます。

 

一人ではなかなかうまくいかなかったりすると思いますが、サポートが充実している就職サービスをまとめました。

ハローワークに行って嫌な思いをした就活生も多いようです。まずは、いろんなサービスを利用してみませんか?

 

障がいをお持ちの学生さんは、特性に合わせた就活サービスの利用も可能です。

自力で行うことも可能ですが、とくに、就労移行支援系のサービスがおすすめです

 

就労移行支援とは 

障がいのある方が就労に向けたトレーニングを行い、 働くために必要な知識やスキルを習得し、 就職後も職場に定着できるようサポートを行います。 

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000093130.pdf

厚生労働省 HP

 

 

 障がい者むけ就職支援サービス5選+1

重要なのは、1社だけの登録で終わらないこと、きちんと複数社見比べて自分にあった支援会社を選んでください。また、支援中はきちんと通える必要もあるので通所のことも考えて自分に合うところを見つけましょう。登録や面談だけならばお金は取られませんのできちんと見比べることをおすすめします。

※迷ったら、まずは<就職者実績多数!就労移行支援のMelk の見学をしましょう。

 

1.就労移行支援のCocorport(旧社名:Melk) | 首都圏38事業所展開

 おすすめNo,1の就労移行支援はここ。圧倒的な就職実績

 

※池本さんはココの支援施設を使いました。

 

■サービスの充実度

自分のペースでスタート(スモールステップ)

・一人ひとりにあわせた柔軟性のある支援

・ 多彩なプログラム (ビジネスマナーやグループワークも)

実習先企業との連携もやってくれる

・ 地域関係機関との連携もやってくれる

・ 社会経験豊富なスタッフ

通所交通費・ランチを助成

・就職した後も定期的にサポート

 

口コミポイント(ホームページより)

・仕事の支援もあるが、きちんと相談にのってくれるので助かった

・自分が輝ける仕事に出会えた

・仕事のやりがいを感じている

・就職後も定期的にサポートしてくれる

こちらの企業様の広告記事より抜粋

 

■就職先がすごい…

東芝エネルギーシステムズ株式会社
三菱ふそうトラック・バス株式会社
日通ハートフル株式会社
株式会社ジェイコムハート
三井不動産レジデンシャルリース株式会社
国立がん研究センター東病院
住友林業ホームエンジニアリング株式会社
株式会社GU
学校法人明治大学
東京国税局
ボッシュ株式会社
NTTファイナンス株式会社
株式会社日立ビルシステム
日本生命保険相互会社

(順不同)

 

ハローワークの求人なんかでは見かけない優良企業への実績のある会社のようです。

 

 

 

 

2.dodaチャレンジ 

オープンポジションという支援スタンスで、業界大手のdodaがサポー

 

■大手の安心感と多くの紹介先が魅力

・大手、優良、外資系、企業など、幅広い求人ラインナップ 
・あなたに合った転職支援 
・サイトには公開されていない「非公開求人」が80~90% 
・障がい者雇用に精通した運営会社の安心感

・アドバイザーが専任されることもあり対応がスムーズ

・業界大手の安心感もあって使いやすい

 

業界大手のdodaですので安心度は抜群です。

 

オープンポジションというスタイル

今までのあなたのご経験やスキル、ご希望や障がい状況に合わせてポジションを
探しながら選考をしていくスタイル。

無理やり仕事に就かせるといったことをスタンスとしていない部分で評価しました。

 

 

 

 

3.皆さまの就職・転職活動を力強くサポート【ラルゴ高田馬場】

■ バーチャルオフィスで実践的・実務的なトレーニングを経験することが可能

オフィス業務を経験したことがない人が入社前に研修形式でしっかりトレーニングできるのが売りですね。また、もともとはアスリートの就職支援を得意としている会社がやっていますので、体感トレーニングなどもあるようです。

・PCスキル

・MOS資格

・就活講座ノウハウ

・コミュニケーショントレーニング

きちんとスキルが身につくトレーニングがあります。

 

■600社を超える紹介先

紹介できる企業が多い=自分にあった企業が見つけやすいでしょう。

たとえば…

f:id:sidekicks:20190827141850p:plain

f:id:sidekicks:20190827141854p:plain

大手、中小に限らずきちんと選んでくれそうですね。

 

詳細はラルゴ【HP】へ

 

 

 

4.障がい者のための無料職業紹介サービス【エージェント・サーナ】

 26年以上の実績のある企業です。

今ならなんと2000円分のクオカードがもらえる

 

■おすすめポイント

・26年以上の実績のある企業

・85%はこちらの企業しかない独自の非公開求人

・障がい者の就業に関してパイオニア的な存在

 

業界老舗らしい、独自の非公開求人や今なら2000円分のクオカードがもらえる。

大変お得な支援サービス。

登録だけでもいいのではないでしょうか?

 

 

 

5.面倒な書類作成から面接サポートまで!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

障がい者が就職するときに苦労する書類作成もサポートできる 

・関東、関西、中京地区をカバーしている

・書類作成から手伝ってくれる専任コンサルタントは強い味方

・こちらも一般公開されていない企業の情報を持っているようす

 

 

 

Sidekickおすすめの就労移行支援施設

【atGPジョブトレIT・Web】

 障害があってエンジニアを諦めた人いませんか?

・Webエンジニアの学習ができる

・さらに就職支援も行う

・就労移行支援施設の中で、ITスキルが身につく就労移行支援施設は珍しい

・第5位にしていますが、atGPさんのサービスの一つです。

 あなたにも、働き方に自由を。というコンセプトもいいですね。

どういう教材を使っているのか?しくみは?などは障害者専門のIT・Web就労支援サービス【atGPジョブトレIT・Web】 ホームページまで

 

 

 まとめ

就職活動は多くの人が参加するライフイベントです。

Sidekickでは就活生を応援するサービスを今後も案内していきます。

大手企業(社員数多い)ところほど、障がい者採用に対して前向きです。

普通に就活していてうまくいかなかった経験を持っている人もいっぱいいる。

独自のまずは、自分にあった就職支援を選んでもらえると幸いです。

 

【2020年卒の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、ワコール、他