就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

就活Sidekick

まずは、お読みいただきたい記事3選

早期退職者多くね? 早めに見切っちゃったあなたに贈る次の一歩

新入社員が社会に出て2か月が過ぎた。

 

たいていの先輩たちが研修を終えて、社会人デビューしていく。

 

19卒の先輩社員の離職が多い気がするので思うところをまとめました。

 

 

例年よりも多い早期退職者の問題について

私の友人に第二新卒専門の紹介企業に勤めている人物がいますが、「今年の4月入社の新人って辞める人多くない?」という相談を受けました。

私が人事責任者を務めている会社ではおかげさまでまだそんなことはありませんでした。

他社では、4月に入社した人が辞めているようです。

先輩たちに一体何が起こっているのか…

 

f:id:sidekicks:20190615210858p:plain

新入社員で入社して2か月過ぎましたが…

 

 

理由は様々あります

1.入社した企業が人事の言っていたことと違うことが多かった

2.ホワイト企業やくるみん取得企業だったが…

3.研修がチープで、自分で稼ぐ方がよい

それぞれ解説していこう。

 

1.人事の話と違っていたまたは、聞いていなかったことが多い

退職を早期で踏み切った先輩の多くはこれを挙げています。

■会社の雰囲気編

「風通しがいいと聞いていたが、自分の意見など通る雰囲気ではない」

「役職のある人と、無い人が役職がない人は、王様と奴隷くらい違う」

「研修が軍隊式で、あいさつの声出しや笑顔の練習からやらされた」

 

■労働時間、環境問題

「研修の宿題が多すぎて、家でもやる必要があるくらいだった」

「オフィスが汚い、トイレが汚い、おじさんたちが臭い」

「上司が帰らないと帰れない文化だった」

「朝会は業務ではないので、就業前に会社にいることになっていた」

 

■文化、ヘンテコルール

「ラジオ体操を昼休みに必ずやる」

「変なお経のような、訓読をさせられる」

 

問題点と解決する方法

問題点は、会社の常識が社会の非常識であるときに浮上します。

企業の人事はその企業文化に慣れてしまっているので「教えるまでもない常識」。

一般の社会の人や、学生だった人たちからすると「非常識」

この差が退職につながるケースが多いと思います。

解決する方法は、企業の人事以外の社員と数多く接する機会を作ってください。

人事の採用担当に「実際自分の上司になるような人とお話しする機会をください」

といえばたいていの企業の人事は快諾してくれます。

 

ここをめんどくさがってはいけません。

 

 

2.ホワイト企業やくるみん取得企業だったが…

こちらは最近話題になっているカ〇カの問題ですね。

靴のメーカーアシ〇クスの社員も行動に移したとして報道されています。

 

カ〇カ問題のSidekickまとめ

 会社の産休・育休制度や残業に関する取り締まりは、就業規則等の会社の決まりとして作ることはもはや当たり前です。

多くの企業は「制度は作っているが、利用している人がいない」ということもよくあります。

実際に制度を取得した社員との面談など具体的に調べる必要があります。

 

また、非常に難しいかもしれませんが「残業」について調べたければ、入社予定の企業に夜電話をしてみるとか、訪問するとか、外から電気がついていないかなど確認しましょう。

これもめんどくさがらずやりましょう。

 

 

3.研修がチープで、自分で稼ぐ方がよい

特に、就活を超早期からやってる人、プログラミングを取得して、自分でアルバイト代わりに稼いでる人も多かった。

簡単に言うと「超優秀な人」が多いようだ。

研修で学ぶことがチープすぎるし、人事が無能すぎて辞めた人もいる。

 

スキルがあるということは会社に依存しなくてもいい。

 

ただし、繰り返すが一人で生きていけるスキルがある人限定でしょう。

 

正直迷っている人多数…

実際に行動に移した人は自分の道を新たに歩み始めたが、今年特に多いのは「迷っている人」だ。

迷っている人は主に3つのパターンに分かれる

 

A.辞めたいが、世話になった上司に申し訳ない。言い出しにくい

B.辞めたいが、親や友人から「今や辞めたって次に行くところはない」と言われた

C.自分にはスキルがないから難しいと思っている

 

だいたいこの3つのパターンに分かれている。

 

それぞれの対処法を考えよう

A.辞めたいが、世話になった上司に申し訳ない。言い出しにくい

実はこのパターンが最も多い。そして、このパターンはとても危険。

精神的に異常をきたすケースが多い(経験則)

「もう辞める」と思っているが、いろいろな理由をつけて踏み出すことができないのだ。

自分にウソをつき続けることになると、心がすさんでいく。

 

こんな人におすすめの対処法が退職代行サービスだ。

退職代行サービスは、自分の代わりに会社に退職の意向を伝えてくれるサービス。

心が優しい人ほど言い出せないことが多いと思いますので、どうしても言い出せないときは使ってみましょう。

 

退職代行EXITは今とても勢いのある退職代行サービスです。多くの人が使っています。

過去記事はこちら。 

 

B.辞めたいが、親や友人から「今や辞めたって次に行くところはない」と言われた

皆さん世代の親は特に就職氷河期の方や、団塊ジュニアの方が多いかもしれません。

彼らの時代は、真面目にコツコツやることが称賛され、転職する奴は負けたやつという印象が強い世代ですが、今第2新卒は大変人気があり。

・新卒で入った会社よりも、大手に入れた人

・給与が上がった人

・職場環境が圧倒的に改善された人

もゴロゴロいます。

 

特に「第2新卒」に強い就職(転職)支援サービスを羅列しますので使ってみてください。

登録すると「自分の市場価値」がわかります。

 普通に考えるとリクナビのはずなんですが、今回は第二新卒に強い紹介サービス

 

1.DYM転職

こちらは就職活動でmeetscompanyを使った人もいるかもしれません。

20代前半の方に圧倒的な支持のあるDYM社の第2新卒用の転職支援サービスです。 

 

2.ウズキャリ

こちらは、聞いたことがないかもしれませんが20代若手の転職では実績のある企業さんです。一度聴いたら忘れないサービス名ですね。

 

3.ワークポート

『GOOD AGENT RANKING』にもなんども輝いた若手をメインにしている転職支援が得意です。

 

4.マイナビエージェント

 こちらは就活のときにお世話になったマイナビの転職支援版です。

リクナビよりも使いやすいという学生さんが多い「マイナビ」のエージェントです。

  

5.リクルートエージェント

説明不要の業界最大手。リクナビ就職でお世話になる人がほとんどですね。

 

 

C.自分にはスキルがないから難しいと思っている

 ここで悩む人は少ないのですが、新卒でキャリアをスタートして2か月で友人はバリバリ働いているのを見ると自分もなにか手に職をつけて、負けたくないと思いますよね。

そんな人はプログラミングはおすすめです。

 

GEEK JOB 先輩おすすめ(体験談あり)

 こちらは驚異の95.1%の就職率。実績もあるようですし、未経験や、派遣スタッフもエンジニアを目指しているようですね。

・参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしている

・就職支援とプログラミングの両方を得意としている。

・オフィスの雰囲気もおしゃれだし、いつでも何度でも質問できる

・本気で頑張っている仲間だけなので、マジで成長できる 

・オフィスも増えているけれども、受講者も多い

 

■Sidekickメンバーの感じたメリットとディメリット

マイナス面:

昼間は結構混雑している雰囲気→夕方がねらい目
椅子にクッションなし(おしゃれだけど)→クッションは必須
基本みんな必死に勉強しているので、案内のような温さはない→あたりまえか…


プラス面:
未経験が、ただ学ぶだけではない最適なカリキュラム
エンジニアの仕事の実態に沿ったスキル習得
メンター人はクソ丁寧。チャットワークで質問にもふぉろーしてもらえる
いつでも相談できる、質問できる環境でやれる
目標設定が一人一人に合わせている感じがするので手厚い

 

学習環境の動画です。おしゃれ~💛

 

 

いいかも! と思った人はすぐ行動。
後から後悔するくらいなら登録だけなら何も失わないでしょう。

 

大学生も利用することが可能なようなので、まずは登録してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

他にも【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】 は最も評判がいいスクールです。

同じように早期で新卒を辞めて、自分で食えるようになった人の話を入れます。

 

 

プログラミングを学んで自分で食っていくことを選んだパイセン

 

 

 

まとめ

辞めるのも大変です。言い出しにくいという気持ちを引きずって、精神を病んでしまうようならば退職代行サービスなどを使うのも手です。

親世代とちがって、皆さん世代は仕事がたくさんあります。選択肢が本当に多くてうらやましいくらいです。今すぐ辞めなくても情報収集は始めておきましょう。

最後に、自分でスキルを身に着けて食っていくこともできます。

皆さんには「選ぶ」という権利がある。

 

まずは行動してみましょう。

 

 

 

 

【2020年卒の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、ワコール、他