就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者だけど、自分の就活は超苦労した人。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

MENU

就活資金の稼ぎ方【その1】 支出を減らす効果と方法について

就活資金の稼ぎ方【その1】 支出を減らす効果と方法について

 

就活生にとって、就職活動資金を集めることが目的になるためポイントを絞って考える

就職活動資金を貯める方法は以下の手順が必要。

 

就活資金獲得のためにやること

1.支出を減らすこと

2.収入を増やすこと

3.貯蓄に近い投資

 

これから複数回に分けてご紹介しようと思う。

 

元ネタはこれ

 

 

 

 

f:id:sidekicks:20190707220133p:plain

通信費は最初に手を付ける

 

 

 

 

 

まずは支出を減らすことが先決

学生のアルバイトの場合は、130万円まで所得税がかかりません。(勤労学生控除を申請すれば27万円の控除額が加得た場合)

ただ、親の扶養親族となっている場合は、103万円を超えると扶養を外れてしまい、親の税金負担が重くなることを考えると103万円がひとつの目安となる。

逆にいうと、扶養にはいったままアルバイトをするということは収入に限界があるということ。

結果、収入には限界があるので、支出を減らす方法が重要となる。

 

具体的にどのような取り組みがあるか?

通信費と遊興費は減らせる

 

もっとも手を効果のある通信費

スマホ・携帯電話・インターネット使用料(1世帯の月額の通信費の平均金額(調査世帯人員平均2.99人)】

2017年は、17,771円。

となっている。これは、かなり大きい。

 

内訳 17,771円

①スマートフォンなどの通信・通話使用料(携帯電話・PHSなどを含む)12,990円
②インターネット接続料3,753円
③スマートフォン・携帯電話・PHSの本体価格1,028円

https://www.stat.go.jp/data/joukyou/12.html

統計局データ

 

①スマートフォン等の通信費は安くできる

格安SIMならば、大幅に改善できる 

②インターネット接続料は解約

ポケットwifiで十分

③上記①とリンクすると端末1000円も可能

 

対策後…

  対策後 結果
スマートフォン基本料 ¥12,990 ¥1,980 ¥-11,010
インターネット接続 ¥3,753 ¥1,980 ¥-773
本体料金 ¥1,028 ¥1,000 ¥-28
合計 ¥17,771 ¥4,960 ¥-12,811

 

削減効果は月々12,000円となった。 

 

 

面倒がらずに、手続するだけ12,000円分お得。

これだけで3年で36万円以上貯めることができる=就活資金相当が準備できる。

 

 

結論…

通信費の削減だけで就活資金36万円は貯まる

 

 

具体策はこれです。

安くておすすめは格安SIMはUQモバイル  WifiはYahoo!コロンとした見た目がかわいい601ZT端末ポケットWi-Fiはこちらから この2社がおすすめ

 

 

 

 

■格安SIM

UQモバイル

つながりやすさ、料金、通信速度で考えるとこれ!

※本体1000円のプランもある。

 

TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】

 

 

 

 

■ポケットwifi

SoftBank Air申込は正規販売代理店のネットモバイル

ネットモバイルさんだと3000円で使い放題というパワフルなプラン!

 

※すでにポケットwifiつかってるよ…という人

 朗報 なんとネットモバイルさんが解約金を負担してくれる!?

 

 

〇Yahoo!のポケットWiFi! 【私も使ってます!?】
コロンとした見た目がかわいい601ZT端末!

月額1,980円〜ととってもお得♪
軽くて持ち運びも便利はポケットWi-Fiはこちらから

 

〇スマモバ 【ごりごり使用タイプ】

スマモバのモバイルWi-Fi  

アルバイトで稼ぐことのできる金額は決まっているし、一万円稼ぐ苦労はみんな知っているはずです。

ただ、契約をかえるだけで就活資金が貯まるのであれば、これ以上の効果はないだろう。

 

 

遊興費は削れる 

消費者庁の調査(三菱総合研究所)が行ったもの

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/policy_coordination/internet_committee/pdf/160324shiryo1-1.pdf

・ソシャゲで大学生の半分以上が1時間以上ゲームに費やし

・ソシャゲにほとんどの学生が課金の経験があり

・ソシャゲに50.6%の人は10,000円以上課金したことがある

 

時間とお金を費やしている…

 

これも、支出としてカットできないだろうか…

無料でできるゲームもあるが、よく見てほしい「原則無料」なのだ。

 

ゲームが悪いとは言わないが、繰り返しになるが大学生は稼げるお金の最大値が決まっている。

1円も無駄にできないことを再度考えてほしい。

 

 

 

言ってしまうが…

結局のところ行動力がすべて。愚図は永久に搾取され続け、就職活動すらできなくなる

すぐ行動しよう。

 

 

 

節約ネタ

 

 

 

 

友だち追加