就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

就活生は、日経新聞は読まなくていい。絶対読むなよ。

就活生は、日経新聞は読まなくていい。

読んだ方がいいと言われて育った皆さんは、困惑すると思うが。

 

読まなくていい。

 

読まなくていい理由を書いてみる。

 

絶対読まなくていい理由
・読むべきかの前に高い!
・ビジネスシーンで必ず使う「経済用語」が出てきてもはや難解
・記事を真面目に読んで調べると3時間くらいかかると思う

 

ほら、これだけでも読むに値しないだろう…

詳しく解説します。

 

COCORO BOOKS【日経新聞電子版定期購読】

 

f:id:sidekicks:20190817143240j:plain

日経新聞は読まなくていい。

 

 

 


読むべきかの前に高い!

日経新聞の値段は高い

新聞各社料金一覧
  日本経済新聞 読売新聞 朝日新聞
電子版 4,200円 なし
5,900円 4,037円 3,800円

 


ビジネスは情報収集と、判断の連続。

就活生は優秀なビジネスパーソンを目指すもの。

どんな仕事であれ、これは必要になる。


例えば、トランプ大統領のtwitterで為替に影響が出る。

為替の影響でどのような企業が打撃を受け、どの企業が笑うのか?

「起こったこと事実」だけを受け止めるのではなく「考えること」が必要。

起こりうることを「予測すること」がビジネスパーソンとして必要な力でしょう。


日経新聞はビジネス・経済・政治・金融などの情報のバランスが良い。

 

他の全国紙は日経新聞に比べて社会・政治経済・文化という部分に強い印象。

 

大手新聞社は、新聞社のポリシーが垣間見える部分も多い。

自宅が朝日ならば「就活割」もあるようですのでご参考まで。

 

さらに、他の全国紙は不祥事や事件関係を様々な側面から分析している部分も多く。

ビジネスパーソンとしては「読み物」に近い印象。


ニュースだけならばネットニュースでOKじゃね?

 

さまざまな雑誌の切り抜きのような記事。

有名なコメンテーターの思い込みで書いた記事。

面白おかしく読みたいでしょう。

面白いし。


地元紙なんかは、その件で起こった祭りや、活躍した小学生がフューチャーされる。

 

心温まる書面。


面白おかしくエセコメンテータの書いたネットニュースの記事。

SNSの方がよほど楽しい時間ではないか?

 

日経新聞にあるような。

バランスよく経済や、政治、金融と言った情報を入れ込む必要はないと思う。

 

「そう。私は、日経電子版を使っている。」

  

ビジネスシーンで必ず使う「経済用語」が出てきてもはや難解

ビジネスシーンで使う用語が多すぎる。

当然知識の量と質が備わっていなければ金と時間の無駄。


面接官が日経新聞に出てきている用語を使って面接したり。

自社の説明会を経済用語をわざと行う会社もあります。

そんないじわるな会社なんか受けなくていいです。

 

グループディスカッション議論する議題の8割が「日経新聞」から出ています。

そんないじわるな会社なんか受けなくていいです。


また、量も多い50ページ近くある。

特に本なんか読まずに、毎日SNSとYoutubeで知識をため込んでいる人。

あの分量は拷問ですよね。


そして、たとえ読み切ったとしても翌朝には新しい新聞がお手元に届きます。


本当に意地悪な日経新聞。

 

そんな拷問をさらに加速させる装置が日経電子版には備わっている…

「用語ミニ解説」という機能だ。

これがあれば難解な日経新聞に出てくる言葉がすぐに検索できるという「悪魔の機能」

こんなものがあれば、辞書を片手にとかググりながら読むことはなくなってしまう。

 

便利ではないか…

 

 

「ええ。私は日経電子版を使っている。」

 

記事を真面目に読んで調べると3時間くらいかかると思う

日経新聞は「わからないならば読まんでよろしい」というスタンスを感じる。


息を吐くように、経済面では「経常利益」「営業利益」「昨年対比」など。

政治面では「OECD」「WTO」などまったくわからせる気がない。

難解な言葉を並べて、どんだけ意識が高いんだ。

 

 

もう、こんなイメージの人しか読めんやろ!

f:id:sidekicks:20190817145458j:plain

おしゃれすぎるやろ

 

例えば、「経常利益」と「営業利益」の区分が付いていない、経営学のセオリーを知らない、という学生もいるはずです。


もはや、先の文章で出てきた。「用語ミニ解説」などを駆使しないと読めたもんじゃない。

 

就活の筆記試験。

とくに、会社の独自試験などでは経済用語を扱った筆記試験や論文もある。

グループディスカッションでも普通に企業のIR情報なんかを分析することもある。

 

そんな企業はこちらからお祈りするのであれば読まなくてもよいと思う。

 

すみません。

 

私は日経電子版を使っています。

 

 

ここまで言ってもまだ日経新聞を読む人へ(お得に読んで)

 

否定的な文章を書こうと思った。

しかし、

 

控えめに言って「最高」の就活ツールとなった。

 

どうしても読むべきだと思った方は電子版で読んでください。


日経新聞(紙)はとてもハードルが高いと思います。

 

 

◆実質無料で日経新聞を読む方法

「COCORO BOOKS」というサービスで『日本経済新聞 電子版』を申し込めば、毎月おトクに日本経済新聞社の「日経電子版」を購読できる。

SHARPが運営している電子本のサービスです。

たとえば、毎月4,000円のお支払いで4,400円分のポイントがもらえるCOCORO BOOKSの「ゴールドプラン」を活用すれば、毎月おトクに購読できます。

余ったポイントでビジネス書や実用書も読めるので、定期的に本も読む人には得におすすめ。 また、申込月は無料です。

COCORO BOOKS【日経新聞電子版定期購読】

 

 

 

 

◆新聞読む暇もないし、活字が苦手な人

実は私は日経新聞を読むのでなく「聴いて」います。

 

読まなくていいっていったじゃん!

 

満員電車で携帯の画面すら開けないこともありますよね?

 

audiobook.jpの「聴く」日経が本当に最高です。 

 

audiobook.jpは聞き放題で初月は無料です。

会員数は30万人、作品数は23,000作品もあり。

『嫌われる勇気』『7つの習慣?成功には原則があった!』

なんかも聞き放題です。

初月は無料ですが、月750円で聞き放題無料です。

日経は電子版だと4,200円ですから、3000円くらい得する。

めちゃめちゃお得! 

 

 

 

 

◆もっとしっかり読み込みたい人へ


□本で理解する

小宮一慶の「日経新聞」深読み講座 2019年版
この人は日経新聞の読み方についてよく出てくる人です。
本の中にはちょっと古い情報もありますが、参考になる部分も多いはずです。
簡単な経済用語はもちろん、経営分析(財務3表)なんかは理解できると思います。

 

【グロービス学び放題】

グロービズ経営大学院と言えば、ビジネススクールを経営していてビジネス教育20年以上の実績。
書籍:グロービズMBAシリーズは150万部をこえるベストセラー
ビジネススクールの内容をスマホで学べるのが、アプリ「グロービス学び放題」です。
内容は、経営、戦略、マーケティング、財務・会計、ファイナンス、マネジメント、キャリア。
就活で訪問する社長さんの経営者インタビューなんか見といて損はないでしょう。

日経新聞のテーマでいうと、特に「経済面」「企業面」「投資情報面」に強くなる。

コミュニケーションやマネジメント、営業、キャリアなどのスキルが勉強できる。
社会人で「グロービスやってる?」なんて話は結構聞きますよ。

10日間無料で試せるので、1度体験してみてください。

 

□経済雑誌
当たり前ですが週刊ダイヤモンドなんかはいいですね。
私も社会人初年度は年間購読してました。あれって、翌年同じ時期に同じ記事がでるんですよ。w

45%オフで購読したい人はココからどうぞ。

最大45%オフ!『週刊ダイヤモンド』送料無料&発売日にお届け

 

 

と、言うわけで日経は(普通に)読むな!

 

現場からは以上です。

 

 

【2020年卒の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、ワコール、他