就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

就活で使える「ビジネス用語」 5Gってなんだ!?

5Gとはいったいなに?


five Generation の略

 

AIのときにも話しましたが、IT業界は〇期とか、〇世代とか好きなんですかね

J SOUL BROTHERSも一緒か。

 

私はIT企業で人事責任者をしているが。

ある大学で「AIに関する講義」を行いました。今回はそのダイジェスト版をブログにします。

 

文系の方でも、なんだったら小学生でもわかるようにしたつもりなのでお願いいたします。

※ガチ勢にはちょっと「イラっと」するぐらいかもしれませんので、笑いながらください。

 

結論:スマホがなくなる

 

f:id:sidekicks:20190827213643j:plain

 

 

 

 

歴史から見てみましょう


1G時代
1980年代に携帯電話ができたとされています。
女性芸人が、肩掛けのバックみたいな電話(ショルダーフォンといいます)
「しもしも~」ていうあれです。

 

f:id:sidekicks:20190827214258j:plain

NTTのチラシ画像

 

回線は「アナログ回線」といわれるもので、音声を、信号に変えて伝える方法。
音も悪く。人の聞き分け何て難しい時代だったそうです。
この当時、「オレオレ」で名乗られてもわからなかったでしょう…

 

 

2G時代
大きな変化は、Eメールといわれています。
そして、携帯電話。
持ち歩けてどこでも話せる、メールを送れる。
当時はメールも文字数制限があったし、メールの文章データを音声信号で送っていた方法もあったので送信にやたら時間かかりました


3G時代
メールのほかにiモードやez webで、検索だったり通信以外のことができるようになった時代を言います。
iモードは本当に衝撃的で、場所の検索や乗り換えなんかもこの当時からでしょう。
ちなみにこの時代は「画像」も遅く、ダウンロードに時間がかかりました。
動画も一部ありましたが、、これまたダウンロードに時間がかかるのでほとんど機能していません。
ちなみに、検索等も、携帯からgoogle接続等はスムーズにできないので、携帯で調べるときはiモード。
PCでgoogleみたいに使い分けていました。
携帯のゲームも、マインスイーパーとか将棋くらいだったなぁ。

イメージは、通信の速度制限が常にかかっている状態の4Gより遅いのが3Gの時代です。


4G時代
ちょうどiphone3が発売された時期に4Gに切り替わりました。
通信速度が先なのか、それを使うデバイスが先なのかという絶妙なタイミングでiphone3が誕生します。
ここからは常に携帯を見ている人が増えたと思います。
よく、過去の電車の画像とかみると携帯を見ている人は少数なんですよ。
ちなみに4Gに切り替わったのは2010年ごろ。その4年ほど前にみんなが知っているあのサービスがgoogleに
買収されました。

そう、YouTubeです。 

googleは4Gになって、だれでもYouTube厨になることを予想していたのかもしれませんね。

 

5g1990
5g2019
1990年ごろは新聞、今はみんな携帯

 

いよいよ5G
何ができるかという部分では大きく分けて3つのことがあります。

 

①高速大容量通信

とにかく早い。 イメージは細いストローで飲んでいた水(情報)を、バケツで浴びる状態に近いでしょう。もっとかも。

②超信頼・低遅延

今でもたまに遅いとかありますが、これがなくなります。
実はEsportsにどっぷりの人は、コンマの違いで反応がわかるらしく。通信速度は以上に気にします。
フォートナイトやってると建築遅いとか、反応遅れるとかキレる人いますよね。
言い訳に聞こえるかもしれませんがあれ、マジにわかるらしい。

俺が下手なわけではなくて、通信の問題。

③多数同時接続

世界に携帯電話って何台あると思いますか?およそ90億台~100億台といわれています。じつは4Gで扱える数に限界が来ているんです。
最近ではさらにsmart家電のようなIotでパンクの恐れがあります。
5Gは大丈夫なのか?
地球の表面の陸地面積の1.5億キロ平方メートルに1000兆台分のノードが可能といわれています。


現在はどんな状態か?


世界初にこだわった韓国とアメリカがしのぎを削っている世界です。
なぜか、韓国=サムスン・LG アメリカは=iphone で考えれば話は簡単ですね。

しかし、他国は5G以降に関しては意外と慎重というよりのんびりな印象です。
実は3Gから4Gは一斉に切り替わりました。なぜなら誰もが「遅い」と不便に感じていたから。
5Gに至っては、差し迫って「困っていない」という印象からでしょう。

 

5Gに至っては、そのスピード、可能性が人間の創造を超えている。


せいぜい「2時間映画が3秒でダウンロード可能」とかその程度。
5Gの可能性のほとんどは未知のまま利用することになる。

 

日本でも5Gでなにができるのかコンテストが行われた

総務省|5G利活用アイデアコンテストの結果

 

 

総務省の見解

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/image/n3304020.png

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/image/n3304020.png

 

 

スポーツ業界

2020年のオリンピックは1台のテレビで1アングルで見る手法ではなく、様々なカメラと目線で自分が好きなように見ることができる。


au5G活用プロ野球リアルタイム自由視点公開実験

4Gであれば、会場の人が携帯で動画を見ながら、野球であれば可能かもしれないが。

5Gになったことで、数十台のカメラの動画画像を、球場の全員が見れるということになる。

爆発的に情報量が増えるが、5Gであれば大丈夫ということになる。

 

医療の業界でも活躍


FUJITSUが5Gで実現する社会~医療編~

医療データという圧倒的なサイズのデータ(動画のような心臓の動きをリアルタイムで共有)などは、4Gだと細かい心臓の動きなどはわからないが、5Gならば可能になる。

 

離れているロボットが全く同じ動きを行う テレイグジスタンス


CEATEC JAPAN 2017 KDDIブースのテレイグジスタンスロボット

災害時、震災時。人が入り込めないところの救助活動を遠隔にいるレスキュー隊が捜査して救助したり。

アメリカにいる「神の手」をもつお医者さんにわざわざ会いに行くために募金を募らなくても、5Gでつながった「神の手」が手術をすることも可能だろう。

 

もっとも注目されているのは「自動運転」

実は自動運転にも段階がある(またか…)

米国運輸省道路交通安全局(NHTSA:National Highway Traffic Safety Administration)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/detakatsuyokiban/dorokotsu_dai1/siryou3.pdf

f:id:sidekicks:20190827210832p:plain

現在の自動車はLevel2~3となっている。

 

車の運転というのは、様々な状況判断の連続でものすごい量の情報を処理しているため。4Gの処理能力では限界があった。

これが5Gになることで、「真の自動運転」を可能にすると言われている。

 

買い物が変わる Amazon go


Introducing Amazon Go and the world’s most advanced shopping technology

5Gの情報処理で、レジ自体がなくなるでしょう。

限られた人間に、PoSを打ち込んで一つ一つ処理をしたり、自動レジで一気に会計しているのが今ですが、5Gになったら同時に複数の人がものをバッグに入れても、出入りしても処理が可能です。

人不足と言われている日本ではほんとに画期的でしょう。

 

5Gで拡大するデータ量

4Gの誕生。動画による情報交換が主流になっている今、世界データ量は爆発している。

さらに5Gで通信速度が上がることで、このデータ量の増加はさらに爆発的に増えることが予想される。

そのきっかけがIoT(インターネットオブシングス)と言われている。

前述もしたが、ありとあらゆるモノがインターネットにつながる世界になることで、情報量は爆発するだろう


5Gでどうなる。

スマートフォンというデバイスが必要なくなるかもしれない。インターネットの世界の入り口として使っているスマートフォンを介してのインターネットへの接続ではなく。

 

人間そのものがデバイスとなって、インターネットにつながる世界がすぐそこなのかもしれません。

 

5Gの話を始めるとそのままIotとかブロックチェーンの話になりそう。。。

この辺は次回の話としましょう

 

 

 ※参考文献

5Gビジネス (日経文庫)

「5G革命」の真実 --5G通信と米中デジタル冷戦のすべて (WAC BUNKO 301)

すべてわかる5G大全(日経BP Next ICT選書)

週刊東洋経済 2019年5/25号 [雑誌](次世代通信であらゆる産業が激変 5G革命)

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:【SPECIAL REPORT】 5Gの世界」〈2019年3月26日号〉 [雑誌]

ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術 (NewsPicks Comic)



【2020年卒の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、ワコール、他