就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

「我、メーカー希望なり」っていう学生には当たり前のネタ

「メーカー企業してます」って就活生はしってて当たり前のことです。

「特許数」みてますか?

 

企業が「特許」=無形資産にどれだけ尽力しているかを図る方法は最後に記載します。

 

 

さて、良い企業というのはどの部分で判断するか?

 

答えは=人による

 

今回は人の数だけ存在する良い企業選びのポイント。

その一つをご紹介しましょう。

 

f:id:sidekicks:20191029221319j:plain

 

 

 

結構前の日経記事2019年1月23日より

『米国の成長を支えるのは製造業や小売りなど現実のモノを扱う産業から知識集約型産業への転換だ。』

『米国企業の持つ資産を調べると技術力を示す特許やブランド力を示す商標権といった無形資産が4.4兆ドルと10年前の2倍以上に増えた。工場や店舗など有形固定資産を17年に上回っている。』

 『日本企業の無形資産は約50兆円。総資産の6.4%で米国の26%に遠く及ばないが、10年間で2.2倍に増えた。』

(記事より)

f:id:sidekicks:20191029225443j:plain


 

 

 

簡単にまとめると

・アメリカは製造・サービスから知識集約型産業への転換をうまく行った

・日本企業も50兆円(総資産の2.6%)が無形資産(10年間で2.2倍に増えている)

・アメリカは総資産の26%が無形資産になっている(日本の10倍以上

 

 という具合。

 

これからの経営は「無形資産」をどれだけ持っているのか?

という部分も見ていく余地がありそうです。

 

 

無形資産は「資産」計上が難しい

ちょっと難しい話だが、経理処理的な話で無形資産は「評価」がとても難しい。

Aという特許は〇円で、Bという特許は△円。といった値付けができない。

(正確にいうと難しい)

 

 

じゃあ、特許なんて見なくてよくね?

 極端な話、金に換算できない企業価値と言ってしまうとそうかもしれない。

特許をたくさん取れるということは

研究開発に余念がない

新しい技術革新に投資をしている

・特許は将来的に可能性を秘めている

 時代は大きく変化するもの。

常に先を見て投資を続ける企業として評価できるポイントになるでしょう。

 

特に理系で研究職を希望している学生におすすめ

当然、就職後も研究職としてやっていきたい学生には重要な項目になると思う。

大手のナビサイトでもOB訪問でも「うちは特許数が自慢でね…」なんて話にはならないでしょう。

 

さて、調べる方法は 「IP Force」です。(もちろん無料)

 

 

 

2019年 特許ランキング - 知財ポータルサイト『IP Force』

 

 

  

 

 

特許数が一目瞭然

f:id:sidekicks:20191029224801p:plain

 

ここ数年はキヤノンが好調ですね。

 

キヤノン自体は、株価や業績が最近調子悪いです。

そういう意味で新しいビジネス模索中なのかな?

なんて、期待はできますね。

 ※ちなみに私の嫌いな「就職ランキング」でキヤノンは50位前後…

 なにを評価してるんでしょうね?

 

まとめ

・理系学生で、研究職希望の人は一つの指標となるでしょう

メーカー希望の学生は「特許」においても調べておくといいですね

 

 

 

 

 

自己分析、企業分析など様々な分析ネタはこちらから 

 

【2020年卒の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、ワコール、他