就活Sidekick

年間2000人の学生のキャリアコンサルティングをするIT企業の人事責任者。本音と裏技を公開してます twitter:@t_sidekick 

20代で資産7000万円を達成した人の話

 

 

20代で資産7,000万円を達成した人のことご存じですか?

知ってる人も多いと思いますがまとめ。

今月ついにセミリタイアを達成されました。

 

 

「三菱サラリーマン」さんです。

・超有名大学を卒業(中国の大学にも留学?)

・就活では給与・福利厚生のいいところにこだわる

・23歳で大手勤務

・入社後すぐにセミリタイアを決意

・収入の8割を毎回積立

・20代で資産形成してセミリタイア

・会社=豚舎と言っている

 

 

 

今日は簡単にその手法をまとめます。

 

f:id:sidekicks:20191030092214j:plain

彼の成功イメージはまさにこんな感じ

 

 

 

ある本との出会いが彼を変えた

 まずは名著合本・本多静六―『私の財産告白』『私の生活流儀』『人生計画の立て方』『本多静六体験八十五年』を見てほしい。

 

ここにある「月給4分の1天引き貯金」が三菱サラリーマンさんの原型。

本多静六氏はこれで巨万の富を得ましたが、日本全国の公園を作り「公園の父」と言われる人です。

 

三菱サラリーマンは、なんと給与の8割を投資に回して7年でセミリタイアしています。

 

 

資本主義のゲームに勝つには

彼が実行したのは、配当金による生活をめざすこと。

株は、保有していると配当金というものをもらえる(おおむね1%~5%くらい)

それをさらに投資に回し…

彼は「複利」で得た収入をさらに投資に回すことを繰り返し、7年半で7000万円つくったことになる。

 

これをひたすら、愚直にこなしている。

 

 

彼がすごいところは、短期的に上がった株とかで成功したわけではなく。

愚直に収入を投資に回すことでやっているところ。

 

再現性が高い(あなたもできる)ということだ。

 

そもそも、年収が高いんでしょ?

普通に考えて、収入から家賃や光熱費等を引いて8割残るということはかなり難しいと思うが、彼のすごいところはきちんと副業もあること。

ブログサイトを持っており、そこからも収入がある。

(ブログに、給与額や賞与もよく出てくるのでおよその年収はわかる)

 

会社員の給与だけに縛られず、自分でも稼ぐ方法を探りさらには実行している。

そして、それを続けること。

 

就活もおなじ

三菱サラリーマンというくらいなので、三菱系の人なんでしょう。

過去、彼のブログから「就活時代」のことも書いてあります。

 

まとめると

・雇われる、雇っていただくという意識ではなく、こちらは労働力を提供してやっていると思うこと

・面接には、呼ばれて行ってやるくらいの気持ち

・面接官の質問には、求めていることをきれいに返してあげること

 

なるほど。

 

私が言っている、「雇われ根性になるな」というのを体現している…

 

これが、30代ではなくて、20代前半でできているからそもそも只者ではない。

 

 

まとめ

・思いつくところまで、刺激を受けるところまでは誰もができること

・これを実行するのは、1割もいない

・さらにそれを継続できる人はもっといない

・資本主義ゲームを攻略できる人だから、就活も無双

 

 

これに限ったことではないが、実行する人も少ないが継続できる人はもっと少ない。

逆に言うと、スタートする、やり続けることができれば、凡人も資本主義ゲームを攻略できるのではないだろうか。

 

いま、みんながやることは何だろうね。

 


 

 

三菱サラリーマン様

Twitter:@FREETONSHA

ブログ:https://freetonsha.com

 

【2020年卒の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、ワコール、他