就活Sidekick

「就職がゴールではない」というコンセプトの学生団体です。働き方、就活ノウハウなどをまとめています。twitter:@t_sidekick 

【募集】 TOEICチャレンジ 英語の勉強費用負担します! 【2020年1月31日締め切り】

今回、就職支援学生団体Sidekickでは「英語」の勉強費用を負担する企画を開始します。

 

 

Sidekickとは?

Sidekickは就職支援の学生団体です。

学生同士でリアルな就活情報を交換することをはじめ、面接の対策、筆記試験の対策を行っています。

学生は無料で使えるサークルなのでどしどし利用してください。

 

 

今回は、「英語」を勉強する費用を約半年分。

私たちが支援しますので、就職に有利に役立ててほしいと思います。

 

 

結論:「その、TOEIC勉強代。俺が出すからマジで半年勉強せぇよ。」

 

f:id:sidekicks:20200112171433j:plain

 

なぜ、英語なのか

過去記事で上場企業の8割が英語を評価している話をしていますので詳細は読んでほしいのですが。

https://www.iibc-global.org/IIBC|一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

によると、上場企業は約8割が「英語」を評価している。

f:id:sidekicks:20200112172815p:plain

 

あなたは特別か?

ほかの就活生と比べてみてほしい。

・誰にも負けないスポーツなどの実績(インターハイ、インカレ出場など)

・GPAが半端ない

・ボランティアやサークルで実績あり

・コミュニケーション能力最強

など

こんな人は普通にやってりゃ内定は取れると思います。

が、

それ以外の人は

どこで差別化しますか?

 

「ぶちゃけ何もない…」

 

そんな人を応援したい企画です。

 

なぜやるか?

https://www.iibc-global.org/IIBC|一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

のデータにもあるように「上場企業のおよそ8割」は英語を評価している。

絶対ではないが「評価している」

学生時代なにかに熱くなるわけでもなく、若い時間を虚無に過ごし、就活に慌てる学生も多い。

そんな「普通の学生」に半年だけ必死に何かをやった証を手に入れてほしいという思いで企画します。

 

 

企画概要 

▶条件

・2021年・22年に大学を卒業する学生で民間企業の就職を目指す人(日本国内の大学を卒業予定)

・ちゃんとやる人(定期報告をしてもらう、TOEICテストは受けてもらう)

・TOEICの受験をしたことがない人または、TOEIC400点台~600点台の人

※連絡、やり取りなどもあるので関東近郊の人が望ましいです

 

 

▶内容

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH を使って半年間勉強してもらう

・勉強については毎日twitterで報告をしてもらう。

・TOEICテストに申し込み受験し、結果を公表してもらう。

※ただし、大学名、名前、性別などの情報は公表しないでください。

※スタディサプリを始めたら企画スタートではありません。

 

 

▶費用負担

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH の申し込みのあと(キャッシュバックなどを利用した)残りの金額をSidekickで負担します。

企画は半年なのでおよそ半年分の費用負担をいたします。

※面談時にご説明します。スタディサプリを始めたら企画スタートではありません。

 

▶流れと申し込み

1.申し込みフォームに登録していただき、面談をさせていただきます。【2020年1月31日締め切り】

 

2.申し込み後一か月以内に今回の企画の対象となる学生さんに連絡します。

※連絡のない学生さんはここで終了

 

3.面談を行い、一緒に頑張っていける方と企画をスタートします。

 

4.企画がスタートしたらテスト期間までtwitterで進捗を報告していただきます。

 

5.就職に本当に有利になったのかも結果が欲しいですね。

 

企画開始は2月または3月開始

 

TOEICチャレンジの申し込み

 

 

 

▶募集人数

上限はありません。(面談後、チャレンジに参加頂く学生さんを選考します)

 

 

▶費用の返還義務

ございません。 

 

 

※すでに英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH を利用している人や、英語の成績のいい学生さん(帰国子女で英語ペラペラ)などは今回の企画対象外となります。

 

 

 

よくある質問

Q:スタディサプリを申し込んだら費用負担してくれる企画?

A:きちんと面談をして、一緒に頑張ってくれる学生さんを応援したいので全員の費用を負担するわけではありません。

 

Q:とちゅうで止めてしまった場合はどうなるか?

A:費用の返還義務等はありません。企画終了をきちんと報告してください

 

Q:定期的なやり取りとはどれくらいか?

A:勉強に関することはTwitterで毎日配信(最低一日一回)その他打ち合わせ等は月に一度程度です。

 

Q:取らなければいけない点数などはあるか?

A:イメージとしては、企業が新卒に求めるTOEIC点数の535点を目指します。

英語活用実態調査2019 P14 社員・諸金に期待するTOEIC Programの平均スコアより

https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/katsuyo_2019/pdf/katsuyo_2019_corpo.pdf

 

 

 

お申し込みはこちらから 

TOEICチャレンジの申し込み

 

 

 

 

就活で上場企業の8割が英語を評価しているワケ 

 

英語が最強資格なワケ

 

 

【先輩の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、他