就活Sidekick

「就職がゴールではない」というコンセプトの学生団体です。働き方、就活ノウハウなどをまとめています。twitter:@t_sidekick 

就活に必要なビジネスフレームワークを3分で。就活をもっと楽にしよう。 【第1章】 ビジネスシステムとは?

グループディスカッションでもよく出てきます「ビジネスフレームワーク」

 

「なに、それ?食い物?」

「そんなの、常識」

 

と就活生の間でも意見が割れますが、今日は簡単にビジネスフレームワークを解説します。

 

なお、今回は図解 マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書 を参考にします。

 

問題解決と就活という部分を「ビジネスフレームワーク」に当てはめていきます。

 

 

f:id:sidekicks:20200130161745j:plain

 

 

図解 マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書とは?

大嶋祥誉(さちよ)さんという女性の経営者の書いた本です。

2013年の販売なのですが、今でも多くのビジネスパーソンがバイブルにしている本です。

就職本(まじでこれ絶滅してほしい)なんか読む時間があれば、この本を読むと就活がずっと楽になります。

私自身は、日本全国の社長に対して、新規事業を提案するビジネスをやっていたときに、ある社長から大嶋さんを紹介されてもらったのがきっかけです。

 

よくあるマッキンゼー本とは違う

この本は、用語の一言についても私たちに対して身近な例えをうまく使って表現しています。

本当に頭のいい人は横文字や、カタカナを使わないで子どもにもわかるように伝えることができます。

「伝える」という部分をとっても本当に勉強になる一冊です。

 

ビジネスフレームワークを知っておくと生活が豊かに?

できれば全部紹介したいのですが、今回はビジネスフレームワークに焦点を絞って解説していきます。

全体構成で5章になりますが、読み終えたときに今までの生活シーンやニュースの裏側はわかるかもしれない(言い過ぎ)

 

「ビジネスシステム」というフレームワーク

最初のステップは「ビジネスシステム」です。

 

これ聞くと「?」が浮かびますよね。

「ビジネス」「システム」ってなんだか当たり前に使っていませんか?

う~んまさに、一発目にふさわしい。

 

「ビジネスシステム」とは

事業を行ううえで必要な要素を機能別に分けて、連続した流れにまとめたもの。

  

これだけ。

 

ビジネスシステムでは、ヒト、モノ、カネ、情報、技術などから、さまざまな製品、サービスとして形になるまでの流れを考えます。

そしてその流れの中で、ステップを刻み、ステップごとに行う行動、改善、組み換え、再構築を検討します。

 

う~んちょっと難しいですね。

 

料理にたとえてみる

料理に例えると 例えば子どもが母親の手伝いでカレーを作るとすると

ヒトは、お母さんと子ども

モノは、野菜、肉の食材

カネは、食材の購入等

情報は、レシピ

技術は、お母さんと子どものの腕前です

 

カレーを作る工程は、ものすごく雑にいうと以下

 

f:id:sidekicks:20200130164349p:plain

 

 

さらに、野菜を洗うことに関しては、お母さんの腕前ほど必要なく子どもでもしっかりできるかもしれませんので、子どもに任せることでお母さんは次の工程の皮むきに移行することもできます。

皮むきはジャガイモであれば、ジャガイモの芽をとる必要があるので子どもで難しいのであれば、芽を取るところだけお母さんがやるのも改善ですね。

 

このようにビジネスシステムでは、カレーつくりの流れの中で、ステップごとに改善だったり再構築を行うイメージです。

 

強力なのは「再構築」という手法

上記のカレー作りで「早く食べたい」というニーズがあった場合。上記の工程を大きく見直す必要があります。

 

あなたならどうしますか?

 

 

ここで有効になるのが、再構築という考えです。

 

例えばカレー作りのほとんどの工程を占める「洗う、皮むき、カット」という工程はすでにカットされた野菜を買うことで大幅に改善されます。

 

f:id:sidekicks:20200130165436p:plain

この結果、カネの面では追加する必要がありました(カット野菜は普通の野菜より高い)しかし、カレーつくりの流れの中で、複数の工程を省略して「スピードUP」しました。

 

f:id:sidekicks:20200130172241j:plain

 

ビジネスシステムを就活に応用すると

カレーつくりのように、ビジネスシステムの観点で就活を考えると内定までの流れの中で以下のような手順が発生していますね。

 

f:id:sidekicks:20200130170256p:plain

 

うまくいかない就活生は上記の流れ(フロー)の中で、ステップを正しく踏んでいないことが多いです。

 

・自己分析がよくできていないのに、業界分析をしてしまい、あとから志望業界が変わる人。

・企業研究がおろそかなのに、ES特に志望同機を書こうとする人

このようにビジネスシステムに置き換えて、内定までの流れを把握し、正しいステップを踏むことが納得内定への近道になります。

 

 

就活における「再構築」という概念

ここで、カレー作りのように就活を「再構築」する方法がほしいですよね。

 

就活における「再構築」は、就活エージェントや、バフェットコードやofferboxなどのツールが大活躍するわけです。

 

たとえば、就活エージェントを使うと

f:id:sidekicks:20200130171059p:plain

自己分析やESの書き方を教えてくれるし、おすすめ企業も教えてくれる。

 

うまく使いこなすことで就活が圧倒的に便利になる

 

就職エージェント迷ったらこの3つ 先輩の意見と口コミ【ベスト3】 - 就活Sidekick

 

 

企業分析で圧倒的なバフェットコード(無料)

 

 

 

 

 

 

まとめ

ビジネスフレームワークの紹介でした。

しっていれば役立つ「フレームワーク」をこれからも紹介していきます。

 

※まじで、就活本なんてクソなんでこういう本を読みましょう。

 

図解 マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書

図解 マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書

  • 作者:大嶋 祥誉
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/09/21
  • メディア: 単行本
 

 

【先輩の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、他