就活Sidekick

「就職がゴールではない」というコンセプトの学生団体です。働き方、就活ノウハウなどをまとめています。twitter:@t_sidekick 

【限定公開中】就職氷河期でも22卒が年内に内定するためのスケジュール

22卒の就活が始まりましたね。

 

ジョブトラアカデミーでもすでに対策が始まりました。

 

※今回は、Sidekickの編集長@よしくに先生が公開しました内容を記事にしております。

 

f:id:sidekicks:20200424155350j:plain

戦略的スケジュールはこれだ

 

 

 

f:id:sidekicks:20200424161508p:plain

年内内定スケジュール(クリックで拡大)


 

 

5月.6月の過ごし方

就活:夏のインターン申し込み

ほとんどの学生が、夏のインターンの申し込みを忘れており。

気が付いたら、興味のある企業や、大手のインターンシップは終わっているケースがほとんどです。

ココで行動できる人は、年内内定がぐっと近づきます。

 

対策:自己分析、ESの書き方

まずは、自己分析だけは終わらせておきましょう。

自己分析はツールを使うととても楽です。

自己分析ができていれば、夏のインターンであれば通過できることが多いです。

もちろんあらゆる対策ができている方が無難ですが。

 


 

行動:就活の資金を稼ぐこと

就活中は、アルバイトもまともにできません。また、来年もコロナは流行ると思いますので今のうちに就活の資金計画が重要です。

アルバイトもシフト制でない、コロナに影響を受けないものがおすすめです。

 

 

 

 

 

7.8月の過ごし方

就活:夏のインターン

夏のインターンに参加しましょう。できれば大企業のインターンにチャレンジしてください。カリキュラムも内容もとても充実していますのでおすすめ。

中小ベンチャーは、露骨に選考になるケースもあるのであとでも大丈夫

 

対策:インターンに行ってみて「振り返り」が重要

夏の期間に自分の想像や就活軸と違ったりするところを調整する期間です。

「行ってみたけどちょっとちがうな」なんて言えるのは、7.8月くらいまでです。

 

準備:資金計画に余裕がなければまとめてアルバイトをする期間です

本気でお金のことは考えた方がいい 


また、英語はとても評価されるので、この期間に勉強するのもありです。


9.10月の過ごし方(重要)

就活:秋インターンと早期選考スタート

夏のインターンを振り返り、自分の軸を決めましょう。

中小問わずいろいろ経験できるのはこの期間だけです。

迷いがない場合は問題ありませんが、迷えるタイミングとしてはぎりぎり。

 

対策:軸が決まれば業界分析を開始  

夏のインターンを振り返り自分の方向を決める(自己分析)

業界・企業分析を開始。バフェットコードなどのツールが便利ですよ。 

 

OB・OG訪問もおすすめです。

OB・OG訪問は、過去事件もありましたので慎重に。

可能であれば、就職課などからOBの紹介をもらいましょう。

 


 

 

準備:資金調達は最後のタイミング

「お金のことばっかり」というのはわかっていますが、就活の資金を用意できていない人は、親に相談しましょう。

安易にキャッシングとかしてはいけません。

 

また、どの就活生もこの時期サボる

 

ここで、決定的な差をつけましょう

 

 

11.12月の過ごし方

就活:今までの総決算です。内定を取ろう

対策:選考をうけながら、何度も「振り返り」ましょう

・本当にこの業界でいいのか?

・自分がやりたいことは本当にあっているのか?

・就活の軸は?

この期間は悩むことができる最後のタイミングです。

来年からは、自分で決めた進路にひた走りましょう。

 

準備:アルバイトはできないでしょう。

資金面は大丈夫ですか? 来年もコロナは流行ります。

 

また、ほかの業界を見る最後のチャンスともいえます。

行動しましょう

 

 

まとめ

これだけ言ってもやらない人ばかりです。

だから、「行動すれば勝てる」ということを理解してほしい

 

 

 

 

 

 

【先輩の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、他