就活Sidekick

「就職がゴールではない」というコンセプトの学生団体です。働き方、就活ノウハウなどをまとめています。twitter:@t_sidekick 

就活がゴールの人、その後も走り続けるひとの違い

就活がゴールの人、その後も走り続けるひとの違いってなんでしょう。

 

最近多くの企業様で就活生にむけて講義をする機会が多くなりました。

4月だけでのべ600人以上の学生さんと対峙しました。

 

今日はあくまで偏見ですが「あぁ、この人は成功するだろうなぁ」と思う人と、「こいつはあかんなぁ」と思うときの差をまとめました。

 

気が付けば一気に変われるポイントですのですぐに実践してください

 

f:id:sidekicks:20200428103614j:plain

変わらない人に「未来」はない

 

 

大きく分けて2つのポイントで見分けます。

 

ポイント1:「質問力」

就活でも苦労し、社会人になっても活躍が期待できない人の質問は以下のような質問をします。

 

まるでセンスを感じられない質問

・入社するまでに勉強しておくことはなんですか?

・産休育休の取得状況はどのような感じでしょうか?

・御社が今後注力されるビジネス領域はなんですか?

・御社で活躍されている社員さんはどんな人ですか?

 

 

これを見ると

「えっ、絶対内定とか、就活コンサルタントとか、おすすめしてた

「キャリアセンターの担当が言ってたのに」

「先輩もこういう質問をして内定をもらっていたのに」

 

と思う人が多いと思いますが

 

だから、ダメなんです。

 

 

なにがダメか解説

ダメ①:自分で考えた後の質問ではない

単純に疑問に思ったので、googleで検索するように質問しています

 

ダメ②:質問というか「検索」

スマートフォンが身近にあり、答えを見つけることが得意な人ほどこのような質問になります

 

ダメ③:誰かが言っていた、書いてあったから使う

もっともダメな分類。なぜそれを使うべきかを考えていない。

なぜ、何の心配もなくそれをコピーするのか?

 

 

就職もうまくいって、入社後も活躍できる人は何が違うのか?

一言でいうと「必ず自分のあたまで考えています」

これはすべての行動原理になっている人は特に素晴らしいビジネスパーソンになるでしょう。

就活の目的、将来やりたいこと、なぜこの会社を受けるのか?おそらくすべての質問に自分なりの答えをもって行動できる人たちです。

 

じゃあ、入社後も活躍する人はどんな質問をするのか?

 

例えば、だめな質問に対して、優秀な学生はどのように質問するのかというと…

 

例1:「入社までにやっておいた方がいい勉強はなにか?

 

応1:「私は、御社の〇〇という部署で、□□のような仕事に携わりたいと思っているので、△△という資格の勉強をしているのですが、●●様ならばどんな勉強をなさいますか?」

 

解説:自分の考えがあって、それに必要なものを自分で定義して、相手に確認(コメント)を求めている。あくまで、自分の考えをベースにして有識者からアドバイスをもらうようにしている部分で優秀です。

 

ポイント2:「行動力」

やるか、それ以外か?

講義を終えた後の反響はすさまじく、LINEの登録やtwitterフォローしてくれる学生さんがほとんど。大変ありがたいことです。

でも、たいていがそれで終わりです。

 

「行動力」で分けるポイント

▶ダメなやつの行動力

一時的なブームで終わりそれっきりです。LINEの登録、Twtterのフォロー、ホームページのブックマークで終わる。

こいつらは、なにもしていないのと一緒

「明日、やろう」(野郎)なのです。

 

▶できる奴の行動力

まずは、やり切ります。

・登録しておいた方がいいニュースサイトは全部登録

・登録してすぐに自己分析を行う

・アルバイトが絶対できなくなるのだから、行動する

 

実際どのくらいの人間が行動に移せているのか?

600人くらいの学生に講義しましたが、全部やり切った人は4人です。

一部、ぽろぽろ使った人は20人程度です。

まっ、こんなもんなんですよ www

 

なぜ、勝てるのか?

簡単です。みんなが「やりきらない」から。

あなたは「やれば、勝てるんです」

 

 

誰もが、めんどくさいとか、そこまでやるの?

というところを突き詰めるから、数少ない成功者になれる。

 

そう思いませんか?

 

 

何やればいいの?という人のために22卒の就活スタートをまとめました。

 


 

【先輩の内定先(抜粋)】 味の素、Amazon、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、エイチ・アイ・エス、SMBC日興、SCSK、花王、カゴメ、講談社、サントリー、JTB、sky、全日本航空(ANA)、ソニー、サイバーエージェント、資生堂、東日本旅客鉄道、東京海上日動火災保険、日立製作所、富士通、日本航空(JAL)、三菱物産、三菱地所、他